西武線沿線西エリア

すっきりしないお天気の日は、おいしいものを食べてジメジメ気分を吹き飛ばそう! 現地のめずらしい料理やスイーツ、ドリンクなど、”本場の味”を気軽に味わえる中野区内のお店6選を紹介します。 【中野駅北口】4フロアまるごと“ハワイ”  ゆっくり流れる時間を感じて 洗練されたヴィンテージ雑貨や絵画に囲まれた、ラグジュアリーな気分を味わえるハワイアンカフェ。 ローストチキンやガーリックシュリンプ、ポキ丼、パンケーキなど、ハワイのローカルメニューをゆったりと楽しめます。 <詳しくはこちら>     【中野駅南口】一度食べればトリコに!? 現地のスパイスで作るスリランカの家庭の味 めずらしいスリランカの家庭料理がいただけるスパイシーレストラン。 現地のスパイスや鰹節を使い再現した料理の数々は、スリランカ人も「お母さんの味とそっくり」と太鼓判を押すほどの本格派! <詳しくはこちら>   【中野駅北口】...

fb_sp_1606_world_02

“ドイツ菓子の神さま”の元で修業した店主による、こだわりのケーキやチョコレート 「都立家政」駅南口の商店街の中程にある、スイス・ドイツ菓子のお店「こしもと」。お店に一歩入れば、ナッツやチョコレートのあたたかい香りに全身が包まれます。 オーナー・シェフの腰本さんは、知る人ぞ知るドイツのマイスターW・ポール・ゴッツェ氏の愛弟子。ゴッツェ氏は、本格的な洋菓子がまだ一般には作られていなかった40年以上前に日本洋菓子協会の招きで来日し、ドイツ菓子やスイス菓子の指導をしながら吉祥寺で「ゴッツェ」というドイツ菓子店を営まれていた方です。1976年、日本洋菓子協会連合会発行の「現代スイス菓子のすべて」は、日本の洋菓子のバイブルになっています。いわば、ゴッツェ氏はドイツ菓子の神さま。その師匠の元で厳しい修行を積んで2006年、「こしもと」はオープンしました。 木の実をふんだんに使ったスイス・ドイツ菓子が...

03こしもと_ゴッツエ

中野サンプラザ20階 レストラン「121ダイニング」では、 ホームパーティー感覚でお気軽にご利用いただけるプランをご用意いたしました。 女子会や歓迎会などのお集まりに最適です。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 期間:2017年6月1日(木)~7月31日(月)【平日限定・予約制】 時間:17:00~22:00(ラストオーダー21:00) 料金:1名様 3,800円(大皿料理9皿/2時間制)※4名様より承ります。    1名様 4,800円(大皿料理9皿+飲み放題あり/2時間制)※4名様より承ります。 女性グループのみ、デザート盛り合わせをサービスいたします。 個室または一般席でのご利用となります。 詳しくはコチラをご覧ください。 ※上記料金は消費税込となります。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★...

2017/06/19 UP
イベント情報
2017_03_08_060

漫画原作者×人気ブロガー 今月は漫画原作者の猪原賽(いはら さい)さんにお話を伺いました。 猪原賽さんといえば、ホームズとワトソンが怪事件に挑むアクション漫画「ガンロック」や、親友の死を背負うスカジャンヒーローが活躍する「悪徒-ACT-」をイメージされる方も多いことでしょう。 ところが、猪原さんの活躍はそれだけに留まりません。中野はもちろんのこと、高田馬場、阿佐ヶ谷、新宿といった地域情報・グルメブログ「NewsACT」の運営も行っています。 「漫画原作が本業ですが、ブロガーもやっています。主に中央線沿線の情報を発信していて、僕自身が体験したことをレポートするというかたちで掲載しています。本来は漫画原作というのは、家の中でこもってする仕事。でも、いろんな仕事をしている人と話したい、いろんなことを知りたいと思って外に出るようにしていたら、いつの間にかブログのネタをいただいたり、漫画原作者と...

2017/06/15 UP
中野人 loves なかの
ihara02

中野サンプラザ 20階 レストラン「121ダイニング」では、6/1(木)より北海道の山海の幸を盛り込んだ『北海道ディナー』をご用意いたしました。 「知床鶏」をはじめ「十勝若牛」、北海道産ブランド米「ななつぼし」など北海道の食材を使用して彩りも鮮やかなコースに仕上げました。 ぜひ、この機会にご賞味ください。 【期間】2017年6月1日(木)~6月30日(金) 【時間】17:00~22:00(ラストオーダー21:00) 【料金】1名様6,000円(1日限定15食) ============================== 【メニュー】 ● アミューズ(モッツァレラチーズと生ハム) ● オードブル 盛り合せ (かみふらの地養豚のリエット クリームチーズ入りキッシュ 水タコのゼリー寄せ ミニコーンスープ) ● 知床鶏のバロティーヌ ● 北海道産3種の魚貝の取り合せ ホワイトカレーのスープ仕...

2017/06/13 UP
イベント情報
2017_05_10_075b

中野サンプラザ 20階 日本料理「なかの」では、7/12(水)、13(木)の2日間限定でにて『第24回 季節の賞味会』を開催いたします。 総料理長 藤田次雄(ふじたつぐお)が吟味に吟味を重ねた特別な献立をご用意いたしました。円熟の域に達した匠の技を、ぜひこの機会にご賞味ください。 【各日25名様限定・予約制】 期間:2017年7月12日(水)、13(木)の2日間 時間:各日17:00~22:00(ラストオーダー21:00) 料金:14,000円(税込) お献立(市場の都合によりメニューが変更になる場合がございます。) 先 付:生湯葉このわた合え 小倉 いくら 花穂 吸い酢ジュレ 座 付:松茸 尼鯛 蓮芋 柚子 お造り:鮮魚の造り 八 寸:魳笹巻き寿司 生姜 鰻八幡巻き 青菜のお浸し 胡麻 松の実 小芋と帆立貝山葵合え 鮑生海苔焼き 鮟鱇肝旨煮 炊合せ:鱧酒蒸し 車海老 散らし南京 色人...

2017/06/12 UP
イベント情報
【チラシ】2017年7月12・13日_賞味会-02

「サマービアバイキング2017」 中野サンプラザ夏の風物詩が今年もやってきます!! 7月4日(火)より全天候型のビールイベント「サマービアバイキング2017」 が始まります。 シェフがカッティングするローストビーフをはじめ、洋食料理やお刺身、天婦羅、お寿司などバラエティー 豊かな和洋折衷料理の「食べ放題」とキリッと冷えたキリン一番搾り生ビール、 焼酎、ワインなど約30種類が「飲み放題」でお楽しみいただけます。 また、毎年好評の「マグロ解体ショー」(今回は3回の開催!)、ビアガールデーやテーブルマジックなど様々なイベントをご用意しております。 職場の仲間はもちろん、ご家族、ご友人と一緒にお楽しみください。 ☆お得な期間限定チケットの詳細はコチラをご覧ください。☆ ****************************** 時間 -----------------------------...

2017/05/30 UP
イベント情報
2017beerviking_ポスター-01

中野サンプラザ情報誌「サンプラだより6月号」本日発行!! 6月1日より20階レストラン「日本料理なかの」にて『鮑と和牛の会席』をご用意いたしました。 肉厚で柔らかな「鮑」と上品な味わいの「和牛」を様々な調理法で 堪能できる贅沢な会席料理となっております。 その他にも、楽しいイベント情報やグルメ情報が満載です。 ぜひ、ご覧ください。 詳しくはこちらをご覧ください。 中野サンプラオフィシャルサイト https://www.sunplaza.jp/  

2017/05/30 UP
イベント情報
17sunpla_dayori_06_cs6_out-01

外遊びが楽しい季節がやってきました! 中野区内には、個性的な遊具のある公園が点在。 さわやかな初夏に子どもと出かけたい、滑り台や複合遊具などが楽しい公園をピックアップしました。 【城山公園】トンネル状のすべり台も♪ 大きな木製複合遊具に大喜び 閑静な住宅街の中にある「城山公園」。 木製の本格的な複合遊具があり、回転滑り台、トンネルの滑り台、段差のある滑り台と3つの滑り台を一度に楽しめます。 <詳しくはこちら>     【けやき公園】スピード感がやみつき!三角お山を滑り降りよう♪(東中野) 神田川近くの見晴らしの良い角地にある「けやき公園」。 アスレチックジムと連結する巨大な白い山から滑り降りるスピード感にやみつきになる子どもが続出! 王道のブランコもあり。 夏にはじゃぶじゃぶ池の開放も。 <詳しくはこちら>         【こぐま公園】貝のオブジェのよう!フォトジェニックな白い遊具(...

2017/05/26 UP
公園に行こう!
fb_sp_1705_park

子どもの頃から「もの作り」に興味津々 「第26回中野区伝統工芸展」が2017年6月2日(金)から4日(日)まで、中野区産業振興センター(中野区中野2-13-14)で開催されます。 主催は中野区伝統工芸保存会で、コンセプトは「見て・作って・愉(たの)しむ」。毎年行われている同展は、中野区内で活躍する伝統工芸職人による東京手描友禅、型紙彫刻、江戸べっ甲や陶芸などの作品展示と即売会です。 会場内では職人が作品を制作する姿を見ることができ、また、製作過程の説明なども聞くことができるのも特徴の一つです。 出展者の一人であり、同展のポスターのメインビジュアル作品を手掛けた陶芸家の中村拓哉さんは、生まれも育ちも中野区。 そんな中村さんが陶芸にはじめて出会ったのは高等専門学校の授業でした。 「土に触った瞬間、“ものを作る”という生の感覚を全身で味わいました。僕は小さな頃からもの作りに興味があり、図工や...

2017/05/15 UP
中野人 loves なかの
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PAGE TOP