【特集】中野区内の桜スポット2020

東京の桜も開花しました。中野区内の桜スポットを紹介します。

  

【哲学堂公園】

哲学堂公園に咲く桜。(※写真は過去のものです)

紅葉や梅のスポットとして有名な哲学堂公園は、区内きっての桜の名所としても知られています。妙正寺川の遊歩道や児童遊園、さくらの広場に咲く100本ソメイヨシノなどが満開を迎えます。

妙正寺川沿いの遊歩道。(※写真は過去のものです)

★詳しくはコチラ

 

【新青梅街道】 

新青梅街道沿いに咲く桜。(※写真は過去のものです)

哲学堂公園の横を走る新青梅街道も桜の名所です。哲学堂公園あたりから歴史民俗資料館までの400mほどの沿道は、この時期だけの桜街道に。

哲学堂公園の桜と一緒に見ることができます。(※写真は過去のものです)

 

【さくら通り(上鷺宮)】

地元の方に愛されているさくら通りの桜。(※写真は過去のものです)

地元の住民たちに古くから桜の名所として親しまれており、区の承認を得て昭和58年(1983年)に“さくら通り”と名付けられた通りです。千川通りから路地を1本入ったところにあり、上鷺宮3丁目7番~上鷺宮3丁目6番までの260mほどの区間です。最寄りの駅は西武池袋線の「富士見台駅」になります(徒歩8分ほど)。

中野区内の隠れた桜のスポット。(※写真は過去のものです)

 

【正蔵院】

正蔵院に咲く桜。(※写真は過去のものです)

中野区登録有形文化財となっている庚申塔を有する「正蔵院」も桜の名所として知られています。正面に咲く大きな桜の木は、目を奪われてしまうほどの雄大さがあります。東京メトロ丸ノ内線「中野新橋」駅から500mほどの場所にあり、川島通りを方南通りに向かって歩くと右側の参道入り口に7つのお地蔵さんが並んだ川島地蔵尊も見どころです。

雄大に咲く、桜の木。(※写真は過去のものです)

 ★詳しくはコチラ

 

【多田神社】

多田神社の桜。(※写真は過去のものです)

平安時代中期の武将で多田源氏の祖となる源満仲が祀られている「多田神社」は、静かな桜の観光スポット。境内に桜の木々が覆っているエリアがあるため、素敵な桜の写真も撮れる場所としても知られています。東京メトロ丸ノ内線「方南町」駅から徒歩で7分です。

絵になる桜の写真も撮れます。(※写真は過去のものです)

★詳しくはコチラ

 

【中野四季の森公園(中野セントラルパーク)】

その名の通り“四季”を感じさせてくれる「中野四季の森公園」。中野駅から徒歩5分の場所にも桜スポットがあります。

中野駅から徒歩5分に広がる桜スポット。(※写真は過去のものです)

ビルと桜の調和も見どころ。(※写真は過去のものです)

 

★詳しくはコチラ

 

【中野通り】

中野駅を南北に走る道路「中野通り」も桜のスポットです。特に中野駅から北へ約5分歩いた新井交差点などは、桜の季節は道路が桜の道に早変わり。先に紹介した新青梅街道の桜スポットの蓮華寺下交差点まで続いていますので、セットで楽しめます。

中野通り、新井交差点付近の桜。(写真は過去のものです)

桜の道が北に向かって続きます。(写真は過去のものです)

 

【四季の道(神田川沿い)】

桃園川緑道の終点から神田川の中野区側の川沿いに続く遊歩道も桜のスポット。万亀橋(まんきはし)や柏橋からの景色はおすすめです。川に流れる桜の花びらも絶景!

神田川沿いの遊歩道、四季の道に咲く桜。(※写真は過去のものです)

四季の道の万亀橋(まんきはし)から眺める桜。(※写真は過去のものです)

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。