【特集】中野区の桜の名所2021

今年も桜の季節がやってきました。定番から新スポットまで、中野区の桜の名所をピックアップしてご紹介します。

また、これから時期に食べたい中野のおすすめ和菓子も紹介していますので、そちらもチェックしてみてください。

南台いちょう公園

広い敷地内に咲く桜。すぐ近くに子ども用の遊具が。※写真は昨年のものです。

平成28年(2016年)に開園した公園で、中野区では新しい桜スポットです。東側には視界を遮る高い建物がないため、新宿の高層ビル群が遠くに見えるほどの広い空を楽しめる開放感のある空間です。そのため、春の晴れた日には青空と桜の花の美しい色のコントラストが楽しめます!

また、子ども用の遊具もあるので家族連れにも大人気。東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」や「中野新橋駅」から徒歩圏内なので、神田川沿いを散策しつつ訪れてみるのはいかがでしょうか。

青空と桜のコラボレーションは絶景です。※写真は昨年のものです。

南台いちょう公園
所在地 中野区南台1-15番
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋」駅から徒歩約13分

★こちらの場所について詳しくはコチラ

 

栄町公園

公園の入り口も桜が満開になります。※写真は昨年のものです。

南台いちょう公園の近くにある「栄町公園」も春になると桜が満開になり、訪れる人を歓迎してくれます。東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町駅」や「中野新橋駅」から徒歩圏内で、方南通り沿いにある公園のためアクセスも楽々。3000㎡近い広々とした敷地には、ブランコや砂場、木製複合遊具などといった子ども用の遊具が多いのも特徴です。

子どもと一緒に遊びながら、桜も楽しめます。※写真は昨年のものです。

栄町公園
所在地 中野区弥生町4-20
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」「中野富士見町駅」から徒歩11分

★こちらの場所について詳しくはコチラ

 

紅葉山公園

雄大に咲き誇る桜に、目も心も奪われます。※写真は昨年のものです。

JR「中野駅」の南口から徒歩約15分の場所にある「紅葉山公園」。その名の通り区内有数の紅葉スポットとしても名高いですが、春は桜の名所としても親しまれています。高低差のある公園のため、桜の花をいろいろな角度で見て楽しめるのも、風情があってステキです。また、園内には蒸気機関車(形式C-11)の展示や平和を願う記念碑、石垣や池など、見どころがいっぱい!

中野ZEROから見た紅葉山公園の桜。※写真は昨年のものです。

紅葉山公園
所在地 中野区中野2丁目5
アクセス JR中央線「中野駅」から徒歩15分

★こちらの場所について詳しくはコチラ

 

本五ふれあい公園

芝生敷きの多目的広場 ※写真は昨年のものです。

東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」から徒歩5分の場所、中野区本町5丁目にある「本五ふれあい公園」でも桜が楽しめます。ここは静かな住宅地にある大きな公園なので、ゆったりとした雰囲気のなかで桜を楽しめるのが特徴です。 

手に届く高さで、桜を間近に見ることができます。※写真は昨年のものです。

本五ふれあい公園
所在地 中野区本町5丁目28
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町」駅から徒歩4分

★こちらの場所について詳しくはコチラ

 

哲学堂公園

遊歩道が桜のトンネルみたいに!※写真は昨年のものです。

四季折々の姿を見せてくれる「哲学堂公園」も、中野区の定番の桜の名所。春になると妙正寺川沿いの遊歩道や児童遊園、さくらの広場に咲く100本ソメイヨシノなどが満開を迎えます。世界に類をみない“哲学のテーマパーク”となっている園内は、散策すればするほど新しい発見があります。西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩でアクセスできます。

春を身体全体で感じられます。※写真は昨年のものです。

哲学堂公園
所在地 中野区松が丘1-34-28
アクセス  西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩12分、JR「中野駅」から徒歩30分
★こちらの場所について詳しくはコチラ

 

この季節にぴったりの“春の和スイーツ”をご紹介

味覚でも春を楽しめる和菓子を4つご紹介します。今回の特集で取り上げた桜スポットの近くの銘店をピックアップしているので、ぜひ立ち寄ってみてください!

最初はJR「中野駅」から徒歩10分のところにある老舗和菓子屋「庄瀬」の「桜もち(道明寺)」。道明寺粉を使わずにもち米から直接おもちを作っているため、食感がより滑らかになっているのが特徴です。

「桜もち(道明寺)」(140円/税込)

2つ目は東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」から徒歩1分、鍋横商店街の中にある「むさしの玉屋」の「桜団子」。つぶあん・くるみあん・黒ごまあんがそれぞれに入った3色団子を、桜の葉で包んだ絶品です。

「桜団子」(110円/税込)

3つ目は「だんご屋たかの」の「いちご大福」。いちご一粒がまるごと乗ったショートケーキのようなフォトジェニックな一品です。お店は西武新宿線「野方駅」から徒歩3分の場所にあります。

「いちご大福」(180円/税込)

最後は、西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩2分の場所にある「亀屋」の「うぐいすもち」。春の訪れを告げる「うぐいす」にちなんで、早春の和菓子として定着している和菓子です。きなこの風味とぎっしりつまった餡の甘さが口に広がります!

「うぐいすもち」(182円/税込)

お店にはこの時期だけの季節限定商品が他にも並んでいます。春を感じさせる美味しい和菓子を、是非楽しんでみてください。


★おすすめ和菓子についての記事はコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。