この夏必見!中野のかき氷☆ユニークと王道あなたはどっち派?

こんにちは!明治大学国際日本学部の佐藤ゼミです。(English below↓)

 

最近暑い日が続いて夏も近づいてきましたが、夏といえば何を思いつきますか?スイカ、花火などいろいろありますが……

 

今回私たちは≪かき氷≫に注目してみました!!

 

中野には、新しくかき氷を始めたお店があります!アツい!

今回は「ひなさく堂」さんと「氷舎mamatoko」さんの二店舗をご紹介します!

 

①ひなさく堂

まず紹介するのは、野方にある「ひなさく堂」さん。

1

“子どもたちが集まる場所”として始まり、今年で15年目を迎えるひなさく堂さん。

大判焼屋さんとしてはすでに有名ですが、

実は!!!今年の春にリニューアルをし、今年から本格的にかき氷を始めました。

 

今回私たちがいただいたのは、カフェオレ、イチゴミルク、抹茶あずきミルクの3つ。

2   3p4p

店主の石井さん曰く、「作っている側のラストタッチはお客さんのファーストタッチ」ということで、

すぐに食べることをおすすめします☆

 

何層にもシロップがかかっており、味が最後まで続きます。

大きいわりに、なかなか溶けにくいのですが、口の中へ入れた瞬間!!フワッッ、、、、、、、、

味は濃すぎることなく食べていて飽きません。もっと食べた~~~い

 

この中で、私たちが特にお勧めしたいのは抹茶あずきミルク

大判焼に入っているものと同じあんこが使われています。口当たりが絶妙で上質な味わい!

もちもちの白玉や黒蜜もついていて、欲張りな一品。

 

でも、「この値段、ちょっと手が出しにくいかも…(._.)」って思った方もいますよね?

 

この値段の理由は、ズバリ! 天然氷を使ったかき氷だからです!

この天然氷、実は簡単に手に入るものではありません。

自然の力だけで長い時間をかけて凍らせたもので、日本では数か所でしか作られていないとっても貴重な氷なのです!!

ひなさく堂さんでは日本一の名水の里といわれる南アルプス・八ヶ岳南麓の蔵元八義さんの天然氷を使っています。

5

氷の削り方やコンディションを考えて作っているところに、作り手の情熱を感じました(・o・)!

とても親しみやすい雰囲気で地元に愛されるひなさく堂さんのかき氷、

ぜひ、みなさんの舌で実際にその違いを体感してみてください♪♪

6

 


②氷舎mamatoko

次に紹介するのは、弥生町にある「氷舎mamatoko」さん。

店主の原田麻子さんは、年間1500杯食べてしまうという程の大のかき氷好き!!(゚Д゚)

その大好きさに注目されて、テレビ出演経験もあるほど。

そんな原田さんが作るかき氷、気になりすぎる、、、

 

こちらは、去年の9月にオープンしたばかりのまだまだ新しいお店。

こぢんまりとした外装は、まるでジブリに出てきそうで気分も上がる〜♪

7

可愛い看板が目印です!

8p

 

今回私たちがいただいたのは、「つぶつぶキウイ+レアチーズ」(写真左)と「お醤油黒糖みるくに酒粕クリーム」(写真右)の2つ。

9p  10p

せっかくなのでちょっと挑戦してみました(*⁰▿⁰*)ドキドキッ

 

キウイのかき氷は、まさに夏にぴったり!さっぱりした味わいでチーズとの相性も抜群☆

写真のシンプルさにごまかされることなかれ!

実は、中に果肉の入ったソースとレアチーズが、た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っぷり入っています!

キウイのつぶつぶ食感がたまりませんんんんんん

11p

 

「お醤油黒糖みるくに酒粕クリーム」は、かき氷として味の想像がつかないですよね?

実際食べてみると、醤油の香ばしさが口の中に広がって、クセになる甘じょっぱさ!

黒糖の優しい甘さと酒粕がうまく溶けあった、ちょっと大人なかき氷でした◎

 

この酒粕クリームを使ったメニューは他にもたくさんあり、お酒の種類も日によって変わるので、訪れたら試していただきたい味のひとつです!

 

そんな氷舎mamatokoさんのオススメポイントは、メニューの種類の多さと斬新さ

12

なんとなんと!!!その数、20〜30種類

なかなか決められないという嬉しい悩み(笑)

かき氷の常識を覆すような斬新なメニューは、本屋でかき氷には関係ないような本からヒントを得て、生み出しているそうです。

 

お話を伺っていると、こんな新情報が!!

夏に食べるのが定番のかき氷、実は冬の方が美味しいんだそう(・O・)

いちごや芋栗など旬な食べ物が豊富で、かつ、氷が溶けにくいことから、良い状態をキープできた美味しいものを提供できるんだそうです。

ぜひ、夏だけとは言わず、冬もチャレンジしてみてほしい1店です☆

 

全くタイプの違う、「ひなさく堂」さんと「氷舎mamatoko」さん。

氷から本格的な王道かき氷?冒険心くすぐるユニークかき氷?

暑くなってくるこれからの季節、

中野のかき氷から目が離せません!!!

 


 

Hello everyone! We are Sato seminar from Meiji University.

Speaking of “summer”, what do you imagine?

Watermelon, fireworks…but

this time, we will cover ≪Shaved ice≫!!!!!!!!!

 

There are some shops which have started selling shaved ice in Nakano. Cool!

We are going to introduce shaved ice shop “Hinasakudo” and “Hyousya mamatoko”.

 

Firstly, we would like to introduce “Hinasakudo” in Nogata.

1

Hinasakudo started as “the place where children gather”, and it’s on 15th year. It’s already famous for ooban-yaki(Japanese cake filled with sweet azuki paste), but Hinasakudo has reopened this spring, and it’s started selling Shaved ice.

 

We tried “strawberry milk”, “café au lait” and “matcha azuki milk”.

3p

 

24p

Mr. Ishii, the owner of Hinasakudo, recommends starting eating before taking picture. He wants customers to enjoy the part which he touched last and made with his whole heart☆

 

Lots of syrup was drizzled on it, so the taste lasts.

In spite of its big size, it was not melting that fast. However, once I had one bite, it melted away softly in a flash!! The taste was not too strong but not too plain, so you won’t get tired of it.

 

We recommend green-tea-azuki-milk the most.

This one uses the same azuki as the one used in ooban-yaki. It tastes pleasant and rich!

Also, you can eat it with soft rice cake ball and brown sugar syrup.

 

Some people might say “it’s not affordable for me… (._.)”

 

The reason for its high price is because this shaved ice was made from natural ice.

Because this ice can only be formed after long periods of time, it is considered to be very precious and is only available in a few areas throughout Japan.

 

Hinasakudo uses natural ice that is made of the most remarkable spring water in Japan.

5

They really care about the technique of shaving ice and the condition of ice, so their shaved ice is full of passion(・o・)!

Please visit Hinasakudo and try its shaved ice and the natural ice by yourself♪♪

6

 

 

Next, we are going to introduce “Hyousya mamatoko” in Yayoi-cho.

The owner, Ms.Harada, loves shaved ice so much, she eats 1500 bowls per year!! (゚Д゚)

Because of her passion for shaved ice, she has been offered to appear on TV show.

We are really interested in shaved ice she makes….

 

“Hyousya mamatoko” is a new café that opened last September.

Its cozy appearance seems as if it came straight out of a Ghibli movie.

7

You can find this cute sign board in front of the café. Let’s go inside!

8p

 

We ate two of the unique shaved ice, “Kiwi and unbaked cheese”(the picture on left side) and “Soy sauce and brown sugar with creamy sake lees ”(the one on the right side).

9p  10p

 

First one, “Kiwi and unbaked cheese”, is really suitable for eating in summer! It tasted really refreshing and matched with unbaked cheese the best⭐

Don’t just focus on its simple looks! There are plenty of sauce filled with flesh-of-fruit as well as unbaked cheese inside! The texture of the kiwi is addicting.

11p

 

“Soy sauce and brown sugar with creamy sake lees” sounds so mysterious that you might not be able to imagine its taste.

After we had a bite, the taste of shoyu spread inside our mouth, and we were really into its salty-sweet taste!

Besides it, there are also other flavors that use sake lees as well. Since the variety of sake lees changes frequently, we really recommend it!

 

Our favorite point of “Hyousya mamatoko” is its wide variety of unique and interesting flavors!

12

Amazingly, they have around 20 to 30 flavors.

Ms. Harada said that she got some tips by reading the books that are not necessarily related to shaved ice.

 

We usually eat shaved ice in summer, but she also said that we can eat more delicious shaved ice in winter(・O・)

The reason of it is because there are many in-season ingredients such as strawberries, potatoes, and chestnuts. In addition, ice does not melt as fast, so we can eat it in the good condition.

Please try “Shousya mamatoko” not only in summer, but also in winter☆

 

We introducedHinasakudoandHyousya mamatoko“.

Which would you like to go?

Traditional and genuine? or adventurous and unique?

Summer is coming soon! so…

Let’s check out the shaved ice in Nakano!!!

 

 


以下、お店の店舗情報です。

 

ひなさく堂
[アクセス] 西武新宿線 野方駅 北口徒歩30秒

JR中野駅 北口から「野方」行バス「野方」バス停下車 徒歩3分

[住所] 東京都中野区野方6-30-26

[電話]03-6362-2220

[営業時間] 販売9:00~19:00

店内飲食10:00~13:30(L.O 13:00)  / 14:30~19:00(L.O 18:30)

[定休日] 木曜 (イベント出店のため、臨時休業する場合もある)

[公式HP] http://www.hinasakudo.com/index.html

[Facebook] https://www.facebook.com/hinasakudo/

 

 

hinas

 

 

氷舎 mamatoko

[アクセス] 東京メトロ丸ノ内線中野新橋駅徒歩6分

JR中野駅 南口から 京王バス「中野駅」行「川島通り」バス停下車 徒歩3分

[住所] 東京都中野区弥生町3-7-9

[営業時間] 平日14:00~19:00(L.O 18:30)

土日祝13:00~18:00(L.O 17:30)

[定休日] 火曜・金曜

(臨時休業の可能性があるので、Facebook・Instagramをチェックしてください)

[Facebook] https://ja-jp.facebook.com/hyoushamamatoko/

[Instagram] https://www.instagram.com/hyousha_mamatoko/

mamatoko

 

 

 

 

 

明治大学国際日本学部佐藤ゼミナール

明治大学国際日本学部佐藤ゼミナールさん

私たちのキャンパスのある中野の街の魅力を、学生ならではの視点で発掘&発信していきます!

PAGE TOP