【東中野】シェアして食べたい 喫茶室「ルーブル」のフルーツパフェ

レトロな空間でいただく、フォトジェニックなフルーツパフェ

JR「東中野」駅東口を出てすぐのところに位置するルーブルは、ベーカリーに喫茶室が併設されたお店。創業は昭和25年。入り口のガラスケースにはケーキが、その前の棚には食パン惣菜パンが並べられています。手作りパンだけでなく、既製品のパンも一緒に販売されているところが少々、変わっているかもしれません。

レジ横を通ると奥には広々とした喫茶室があり、パフェプリンといったスイーツはもちろんのこと、スパゲッティ、サンドイッチといった食べ物のほか、飲み物のメニューも豊富で驚かされます。

ルーブル_セレナーデ

「マツコの知らない世界」でも紹介されたセレナーデ(740円)

おすすめは「セレナーデ」(740円)。目の前に運ばれてきた瞬間、思わず声を上げてしまいそうなほどボリューム満点なフルーツパフェです。創業当時からのメニューで、メインのフルーツは季節によってメロン、キウイ、いちごなどにチェンジ。たっぷりのバニラアイスの上には大きなカットメロン、横にはシロップ漬けのみかん、黄桃、パインが盛られています。その下には、バニラと果肉入りストロベリーアイスのコンビが入り、さらにその下には細かく刻まれたシロップ漬けのみかん、黄桃、パインといったフルーツがたっぷり。最後までアイスとフルーツのおいしさを楽しむことができます。シェアして食べても十分なほど、ボリュームたっぷりのパフェは一度は食べたい一品です。

ルーブル_外観

レトロな外観に心惹かれます

ルーブル_店内01

パンのほか、ケーキや焼き菓子も

ルーブル_店内02

落ち着いた雰囲気で、ゆっくりできる店内

ルーブル
■住所:東京都中野区東中野4-1-8 上原ビル1階
■アクセス:JR「東中野」駅東口徒歩30秒
■TEL:03-3371-3952
■営業時間:9:00~22:30
■定休日:木曜
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13144581/

PAGE TOP