本格沖縄料理「海神」~ハイサイ♪中野に吹く、南の風~

【This article has an English translation at the end.】

みなさんこんにちは!

明治大学国際日本学部の佐藤ゼミナールです。

暑い日が続くようになり、夏の訪れをひしひしと感じるこの頃、夏休みに旅行にいきたいな~なんて思ったり、、、

「修学旅行で行ったあの場所にもう一度行きたい!」なんて思った方いませんか??

でも時間がない、お金がない、、そう悩んでいるあなたに朗報です!

多くの人が修学旅行で訪れたであろう、そうです、あの日本の南の島!

 

沖縄!!

 

その風を少しでも感じることができる、【沖縄料理店】をご紹介いたします☆

実はここ中野には、本格的な沖縄料理が食べられるお店がたくさんあるんです(^◇^)

その中で今回私たちが行かせていただいたお店、

その名も、、、、、、

 

海神

 

これ、「うんじゃみ」って読むんです。

シーサーやオリオンビールの提灯など、あふれ出る沖縄感でテンション上がります\(*’▽’)/

1498627650323[1] 1498627697138[1]

店内はこんな感じ。ゆったり、広々しています。

1498627683913[1]

写真はカウンター席ですが、両側にボックス席とお座敷もあります。

 

金曜は完全予約制となっており、

土・日曜も非常に混み合うという海神さん。

 

新しく大学のキャンパスや会社が中野に新設されてから、

お店の忙しさが1.5倍にもなったそうで、広い層から支持を集める人気ぶり!

 

それも納得!!

本格的な沖縄の味を、豊富なバラエティーで楽しむことができるのです♪

1498627660291[1] 1498627656864[1] 1498627681929[1]

ジャ―――――ン

見てください、このメニューの豊富さ!!

出来合いのものを作ったり、冷凍モノはできるだけ使わない、新鮮さが命!というのがお店のこだわり。

 

20歳以上の方はお酒も必見!

泡盛をはじめ、沖縄ならではのお酒もたくさん用意されています。

1498627667169[1] 1498627668601[1]

まず私たちは、海神さんの人気メニューランキング、1,2,3位をいただきました!

 

第3位!!

ラフテー(880円)

1498627690216[1]

脂がのったお肉、とってもジューシー♡

 

次に第2位!

海ぶどう(680円)

1498627688788[1]

ぷちぷちとした食感がおつまみに最適!

独特のしょっぱさでお酒がすすみます。

 

そしてそして!!

堂々の第1位は、、、、、、、

 

沖縄料理の代表格、ゴーヤチャンプル(780円)です!

1498627701687[1]

ゴーヤの苦みが少なく、食べやすいのが特徴で、

炒り卵とお肉との文句なしのコンビネーション◎

どれも絶品でした。

 

まだまだありますよ!!!!

 

沖縄料理といったら、欠かせないのがこの沖縄そば(700円)。

1498627687158[1]

こだわりのつゆは出汁からお店で作っていて、そのお味は沖縄で食べられる沖縄そばそのもの。

 

さらにお酒を飲む方におすすめしたい、こちらの一品。

シマアジ炙り刺(680円)。

1498627702815[1]

コリコリした食感がたまりません!

リピート間違いなしです。

 

店長さんがもともと和食屋をしていただけあって、和食メニューも充実しているのがこの店の魅力。

沖縄料理が苦手な方でもお料理を楽しめること受け合いです。

 

そして最後に紹介するのは、変わり種。

“石焼”タコライス(880円)

1498627685612[1]

自分たちでかき混ぜながら焼いていただく面白い一品。

 

お焦げがカリカリ、ほくほくのタコライスは絶品です!

 

トッピングで、激辛スパイス(50円)、アボカド、Wチーズ(各150円)を加えることもできます☆

 

いかがでしたか?

 

沖縄のあの味をもう一度食べたい方、もちろん沖縄料理デビューしたいという方も!!中野の「海神」に足を運んで、その味だけでなく、沖縄の雰囲気そのものも堪能してみてください♪

 

くわっちーさびたん!!!

ごちそうさまでした!!!

 

【店舗情報】

住所:東京都中野区中野 5-55-1 RGビル 1階

電話:03-5345-5836

営業時間: (月~木曜)17:00~翌12.50/ (金・土曜) 17:00~翌2.50/ (日曜・祝日) 16:00~23.50

定休日:月曜(祝日は営業、翌火曜日がお休み)

アクセス:JR中央線・中央総武線、東京メトロ東西線「中野」駅北改札徒歩5分

 


 

Hi, everyone!

We are the Sato’s seminar from Meiji University.

 

Summer is coming right now and you might feel that you want to take a trip to somewhere.

Okinawa could be a popular place to go, especially for Japanese. It is because Okinawa is one of the typical places that is chosen by many junior high/high school in Japan as their school trips.

Therefore, we guessed that many Japanese people who have been to Okinawa would think like

“I want to go back there, but I have neither enough money nor time…”

 

 

That’s why we are going to introduce the restaurant today that you can feel the breeze of Okinawa!

 

Actually, here Nakano has a lot of Okinawan restaurants (^◇^)

The one we chose this time is ……

 

“Unjyami.” This means “the god of the sea” in Japanese!

1498627650323[1]         1498627697138[1]

It looks so Okinawa even outside because of the statues of Shisa and the lanterns of Orion beer \(*’▽’)/

 

The inside is spacious, so you can relax and enjoy having dinner!

1498627683913[1]

This restaurant is so crowded every weekend that a reservation is surely required on Fridays.

 

The reason of its popularity is its authentic Okinawan foods, and you can enjoy a wide variety of them ♪

1498627660291[1] 1498627656864[1] 1498627681929[1]

The owner said that freshness is the most important thing that he really cares about.

If you are 20 years old or over, you can also enjoy some alcohol drink that is originated form Okinawa.

1498627667169[1] 1498627668601[1]

At first, we ate top 3 of popular dishes in Unjyami.

3rd place: Rafute (880yen)

1498627690216[1]

Rafute is a kind of famous Okinawan meat. This is really juicy♡

 

2nd place: Caulerpa Lentillifera (680 yen)

1498627688788[1]

Caulerpa lentillifera is a kind of seaweed. This is called “umi-budou” in Okinawa, which technically means “grapes in the sea.” Its texture and the salty taste match alcohol really well!

And finally 1st place is….

Goya Chanpuru(780 yen)

1498627701687[1]

A goya is a bitter gourd. The combination of meat and eggs is the best, and it decreases a bitter taste of goya.

We have more things to show you!!!!

You cannot miss Okinawa Soba!(700 yen)

1498627687158[1]

This is the Okinawan-style soba with the bar’s original soup. It tastes exactly same as the one in Okinawa.

 

Next one is Pieces of Striped Horse Mackerel (Lightly Broiled) (680 yen).

1498627702815[1]

We are sure you will love its crunchy texture!

Since the owner of this place used to work in Japanese restaurant, it has a lot of Japanese menus too!

Even though you are not a big fun of Okinawan food, you can enjoy together!!

 

 

Lastly, we would like to introduce a unique dish.

It is Stone-roasted taco-rice (880 yen).

1498627685612[1]

You can also add some toppings like hot spices (plus 50 yen), avocado (plus 150 yen), and cheese (plus 150 yen)☆

 

How do you like Unjyami?

 

Do you want to eat authentic Okinawan foods again?

Or maybe you want to try them for the first time.

Let’s go to Unjyami in Nakano, and enjoy not only foods but also the atmosphere of Okinawa!☆

 

【The Basic Information of This Bar】

Address:  5 Chome−55−1 Nakano Nakano-ku, Tokyo  164-0001

Call:03-5345-5836 (From Japan)/ 81-3-5345-5836 (From the other countries)

Business Hours: 5:00 p.m. -0:50 a.m. (From Mondays through Thursdays)/

5:00 p.m.- 2:50 a.m. (Fridays and Saturdays) /

4:00 p.m.-11:50 p.m. (Sundays and holidays)

Regular Holidays: Mondays (This bar is open if Mondays are holidays. In this case, the bar is closed on Tuesdays

instead).

Access from the nearest station: A five-minute walk from the North Exit of Nakano Station (the JR Chuo

                                                      Line, the JR Chuo-Sobu Line {Local}, or the Tokyo Metro Tozai Line)

 


 

 

 

 

明治大学国際日本学部佐藤ゼミナール

明治大学国際日本学部佐藤ゼミナールさん

私たちのキャンパスのある中野の街の魅力を、学生ならではの視点で発掘&発信していきます!

PAGE TOP