【中野駅南口】「アチャラ・ナータ」でスリランカ家庭料理の奥深さを味わう

見落としてしまいそうな立地もスパイス! 一度食べれば、スリランカ料理のトリコに!?

中野駅南口の知る人ぞ知る場所にある「アチャラ・ナータ」は、めずらしいスリランカの家庭料理がいただけるスパイシーレストラン。気になる立地は、まず、中野駅南口を出て、三菱東京UFJ銀行横の商店街を入ります。大通りではなく、それと平行に走る細い路地の中程の左側にある、ホテルの横のビルの3階が同店です。路地には看板が出ているので、それを目印にするとわかりやすいでしょう。

02アチャラナータ_看板

インパクト大の看板!

オーナーシェフの馬渕さん(通称まぶさん)は元サラリーマン。ヨガにハマり、インド料理にハマり、なぜかスリランカ料理のトリコになってしまったそうです。現地のスリランカのお母さんやホテルのシェフに教えてもらったり、スリランカを食べ歩き、日本に戻ってインド・スリランカ料理の食事会の開催などの活動をした後、念願のお店をオープンしました。

ランチは「スリランカ ワンプレートランチ」(800円)。左右にはチキンカレーorポークカレーと豆カレーが盛られ、中央にはビーツカレー、さつまいものピリ辛炒め、モルディブフィッシュサンボルなど日替わりのお惣菜が乗ります。
その日のメニューはアチャラ・ナータのFacebook(https://www.facebook.com/acala.naatha2013)に掲載されるので、チェックしてから来店を。

02アチャラナータ_ワンランチプレート

スリランカ、南インド料理の付け合せとしておなじみのパパダムとデザート付きの「ランチワンプレート」800円

食べ方は左右のカレーを半分ほど味わった後、残りは全部混ぜて食べるのがスリランカ流とのこと。
日本ではなかなか味わうことのできない、本場スリランカ料理。一度、味わってみませんか?

02アチャラナータ_メカジキタラッパ

スリランカ北部ジャフナ地方のスパイスを使用した、メカジキのスパイス炒め「メカジキタラッパ」800円

02アチャラナータ_エッグアーッパ

米粉とココナッツミルクで作った生地を専用の鍋で焼いたスリランカの軽食「エッグアーッパ」460円。まわりはサクッ、真ん中の卵には塩コショウがふりかけられている

02アチャラナータ_紅白ピットウ

米粉とココナッツを専用の器具で蒸しあげたライスケーキ「紅白ピットウ」700円。ライスのようにカレーをかけて召し上がれ!

02アチャラナータ_二種盛りカレー

チキンカレー、ポークカレー、豆カレーから2種類を選ぶ人気の「二種盛りカレー」1100円

02アチャラナータ_馬渕さん

オーナーの馬渕さん。「スリランカのスパイスを使って、現地の家庭の味を再現しています。スリランカ人からは“お母さんの味とそっくり”だとか、スリランカに行ったことのある人からは“現地の味を思い出す”と言っていただいています。スリランカ料理は、あまり油を使わず、スリランカの鰹節を使って作ります。ご飯の文化なので、日本人にもなじみやすいですよ。皆さんのお越しお待ちしております!」

スパイシーレストラン アチャラ・ナータ
■住所:東京都中野区中野2-27-14 丸萬ビル3階
■アクセス:JR「中野」駅南口徒歩3分
■TEL:03-3381-3128
■営業時間:11:30~14:30/18:00~21:00
■定休日:火・水曜
https://www.facebook.com/acala.naatha2013

PAGE TOP