【落合】北海道スタイルの“究極のにぼし味噌らーめん”「人間ばんざい」

2017年2月オープン! トロリ濃厚なスープにコシの強い中太麺が絡む味噌ラーメン店

東西線「落合」駅前にある上落合二丁目交差点からすぐの場所にある「究極のにぼし味噌らーめん 人間ばんざい」は、2017年2月13日オープンのラーメン店。全12席の店内は広々としていて、客席は厨房を囲むL字型カウンターとなっています。

一番人気は看板メニューである「究極のにぼし味噌らーめん」(850円)。中華鍋を強火であおって野菜を炒める、いわゆる北海道スタイルのラーメンで、13時間ほどかけて煮込んだスープを合わせると、香ばしい煮干と味噌の匂いが漂います。

人間ばんざい_アップ

一度味わったらまた食べたくなる「究極のにぼし味噌らーめん」(850円)は絶品!

運ばれてきた器はすり鉢型のどんぶり。北海道産小麦粉を使った全粒粉の麺はやや縮れた短めの中太麺で、コシの強さが特徴。スープはバランスのよい煮干し風味の味噌味で、ひと口めはトロリとしていてやや濃厚に感じられますが、食べ進めて行くうちに最後まで飽きない“ちょうどよい味”であることに驚かされます。お野菜はもやし、玉ねぎ、ひき肉、きくらげ、その上にジューシーなチャーシュー、ねぎ、柔らかいメンマに海苔がオン。「週替わりの味噌らーめん」(780円)は赤味噌と白味噌があり、「味噌つけめん」(880円)などもあります。一度味わったらクセになる「究極のにぼし味噌らーめん」、あなたもご賞味あれ。

人間ばんざい_外観

「北海道らーめんを継承した店主が、10年の歳月をかけて辿り着いた旨み」と書かれた立て看板が目印

人間ばんざい_店内

トッピングは魚粉(50円)、バター、のり、コーン、味玉、もやし(各100円)など全12種類と豊富。卓上調味料はすりごま、醤油、酢、ラー油、GABANブラックペッパー、生の唐辛子など。女性にうれしい髪留めの用意も

 

究極のにぼし味噌らーめん 人間ばんざい
■住所:東京都中野区東中野4-30-16 ライオンズマンション中野東1階
■アクセス:東京メトロ東西線「落合」駅3出口徒歩1分、JR・都営大江戸線「東中野」駅徒歩6分
■TEL:03-6279-2847
■営業時間:11:30~14:30/17:00~22:00(売り切れ次第終了)
■定休日:火曜

PAGE TOP