神社・仏閣

本郷道改修記念碑は、本郷氷川神社境内の奥にあります。 本郷道は、かつて同社の傍らを通っていた、馬車や荷車が行き来する道でした。この道が損壊した際に、有志土方平吉が発起人となり、賛成者8名と水車所有者、近辺の住民との寄附金によって、明治33年(1900)4月から改修工事を開始。2年余で完成したと碑に記されています。 発起人以下賛同者のほとんどは、当時の村の有力者です。この記念碑は、旧村の生活を物語るなごりといえるでしょう。     所在地 中野区本町4-10-3 アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋」駅から徒歩5分 電話 03-3381-6297     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 ...

0404_hongo_hikawa2

神明氷川神社の境内にはお百度参りと深い関わりを持つ「百度石」があります。   お百度参りとは、もとは百日続けて参詣することを指しました。それがいつしか、拝殿や本堂と境内に建てられた百度石との間を、はだしで人目を忍びながら一日に百往復し、願をかけるというものに変わりました。 百度石は、百度参り起点の石としてだけではなく大願成就のお礼として建てられることもあり、同社に建つ百度石は、その形や大きさから、後者ではないかと思われます。     所在地 中野区弥生町4-27-30 アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野富士見町」駅から徒歩10分 電話 03-3381-7629     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定し...

0404hyakudoishi

沼袋の氷川神社内にある道灌杉は、文明9(1477)年4月、太田道灌と豊島泰経が江古田原沼袋で戦った際、道灌が境内に本陣を布き、社殿の前に杉の苗木を植え勝利を祈願したことからこの名で呼ばれるようになりました。名物になっていましたが、昭和19(1944)年頃に枯れてしまいました。 この木がそびえ立っていた当時の写真を見ると、高さ30mに達する巨樹であったようです。 所在地 中野区沼袋1-31-4 アクセス 西武新宿線「沼袋」駅から徒歩3分 電話 03-3386-5566 時間 午前6時~午後7時(開門時間)   中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し...

PENTAX DIGITAL CAMERA

川島通り近くの正蔵院の墓地には、川住行教が眠っています。   川住行教は文政8(1825)年三河国西尾藩に生まれ、藩主松平乗全および乗秋に仕えて藩の改革に努めました。明治維新後は新政府から三河国の大参事に任命され、その名声は高かったと伝えられています。   明治9(1876)年に職を去り、以来中野雑色村で隠居生活を送った後明治17(1884)年に亡くなりました。後世「中野長者の伝説」の調査をした、元陸軍中尉川住鋥三郎は、この行教の子です。     所在地 中野区弥生町4-12-1 アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋」駅から500m   中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者...

kawasumi

元応元(1319)年、本町5丁目あたりに薬師堂があったと伝えられていますが、明和年間の火災で焼失し、のちに現在地に移り、福寿院となりました。福寿院には文和3 (1354) 年、貞治4 (1365) 年、文安年間の三期の板碑(鎌倉、室町時代に流行した卒塔婆の一種)があり、文和3年の板碑は区内でも古いものです。   所在地 中野区本町3-12-9 アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋」駅から470m     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。

fukujuin01

早稲田通り沿い、多くの寺が並んでいる一角にあります。慶長15(1610)年、松本城主小笠原長時の子・長隆により開設され、はじめ湯島南ヶ岡に建立されましたが、火災等による数度の移転の後、明治41(1908)年この地に移ってきました。 寺院には江戸末期から明治中頃に活躍した劇作家河竹黙阿弥の墓(中野区登録有形文化財)があります。   所在地 中野区上高田1-2-7 アクセス JR中央線「東中野」駅西口から徒歩11分      東京メトロ東西線「落合」駅から徒歩14分     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観...

gentuuji

早稲田通り沿い、多くの寺が並んでいる一角にあります。永正10年、太田道灌の師で、芝青松寺の開山である雲岡瞬徳(うんこうしゅんとく)禅師によって創建されました。もともとは青山北町にありましたが、明治42年に当地に移りました。 寺院には江戸寛政年間の有数な狂歌師、朱楽菅公(あけらかんこう)の墓があります。 菅公は蜀山人などと並んで狂歌をもって名声をあげた人です。朱楽菅公の名前は“あっけらかん”に由来するともいわれています。   所在地 中野区上高田1-2-3 アクセス 東京メトロ東西線「落合」駅から徒歩8分     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者等で構成する選考会において選...

seigenji

上高田村に住む農民たちの菩提寺として江戸時代初期に創建されたと伝えられています。ご本尊は薬師如来です。寺院内にある寛文3(1663)年に作られた後背が舟の形をしている庚申塔は、地蔵とともに、中野区登録有形文化財となっています。 また、豊島八十八ヶ所霊場87番札所となっています。   所在地 中野区上高田5-21-5 アクセス 西武新宿線「新井薬師前」駅北口から徒歩13分       中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。

toukouji

上高田4丁目周辺の神社仏閣等が集積している一角にあります。 古くから上高田一円の鎮守社で、祭神は素戔嗚尊です。享徳2(1453)年に村人たちが武蔵大宮の氷川神社より勧請(かんじょう:分霊を他の神社に移すこと)したと言われています。 また、現在は残っていませんが、長禄年間(1457~60)太田道灌がこの社に詣で、松一株を植栽したと伝えられています。 都内でも有数の大神輿が見られる例祭日には、この土地に昔から伝わる「上高田囃子」が氏子によって奉納されています。   所在地 中野区上高田4-42-1 アクセス 西武新宿線「新井薬師前」駅南口から徒歩10分     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。...

kamitakada

上高田4丁目周辺の神社仏閣等が集積している一角にあります。 この辺りには昔から豊かに湧出する清水と不動様があり、村人はお不動様の清水、桜ヶ池の不動様と呼んで大切に守ってきました。 江戸中期ごろから、榛名講、大山講などへの参拝のため、この清水で禊清めを行い道中の安全の祈願したとの伝承があります。現在も、豊かな清水が湧出し、多くの参拝者が訪れています。   所在地 中野区上高田4-32-3 アクセス 西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩11分     中野区認定観光資源 中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。 本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています...

sakuragaike

PAGE TOP