コーナー展「桃太郎・金太郎・武者人形」

桃・金・武DM1

古くは奈良時代から、邪気を払い、無病息災を願う
宮中行事として行われていた端午の節句は、
江戸時代に入ってから、今日のような節句飾りが広く行われるように
なりました。中野の節句のようすを紹介するとともに、
所蔵する江戸時代から昭和初期にかけての
桃太郎や金太郎、武将を題材にした武者人形を15組程度展示します。

日時 4月7日(金)~5月7日(日)入館無料
   午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

場所 山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館
   〒165-0022東京都中野区江古田4-3-4
   TEL(03)3319-9221 FAX(03)3319-9119
桃・金・武DM1

PAGE TOP