【中野人インタビュー】モノ・モノ主宰 菅村大全さん

「モノ・モノ」は1969年創設のコミュニティサロン

中野駅南口を出てZEROホール方向へ坂を上り、コンビニを曲がるとそこはすでに静かな住宅街が広がる場所。線路が近いのにもかかわらず、不思議と電車の音も聞こえてきません。
ときどき聞こえてくるのは鳥の鳴き声だけです。そんな静けさに囲まれたマンションの一室に「モノ・モノ」があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木の香り漂う室内。木の器やオリジナル家具を展示販売している

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもの姿勢を守るいす、アップライトの別注モデルも展示販売

ここ「モノ・モノ」は普通の工芸ギャラリーとはちょっと違います。
もちろん、オリジナル家具や木製の生活用品の販売もしていますが、メインはコミュニティスペースとして展示会やワークショップができる場を提供すること。
「モノ・モノ」の創設は1971年と古く、工業デザイナーの故・秋岡芳夫さんを中心に作り手、デザイナー、編集者、カメラマン、商社マンといった様々な人達が集まる有志のボランティア組織「グループモノ・モノ」の活動の拠点となっていました。
当初は「組織のしがらみにとらわれず、会議方式による自由なモノ作りを目指す」ための意見を交わす場で、別名「104会議室」とも呼ばれていたそうです。
1980年代以降は「モノ・モノ」を通して生まれた商品の売り場がないということで、主に生活道具店として営業していました。

「木」を感じるコミュニティ&レンタルスペース

菅村さんは創設から48年が経つ「モノ・モノ」の4代目。3代目がご高齢のため、店じまいを考えていた頃、工芸家向けの情報誌「Crafter」を発行していた菅村さん。工芸家のためにも活動の場を持ちたい、また歴史ある場がなくなるのはもったいないと考え、引き継ぐ決意をしました。
こうして古いマンションが、2015年11月、広く木のぬくもりが感じられるスペースへと変わっていったのです。

「1980年代以降はクラフトショップとしての色彩が強かったのですが、リニューアルオープンに伴い、原点回帰を決意しました。作り手のコミュニティスペースとして、“クラフトの未来をつなぐ活動”に力を入れていきたいなと思っています」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドアを開けるとそこはまるで別世界。レンタルスペースとしても利用できる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

菅村さんが編集発行している「Crafter」(定価900円・税別)はこちらでも購入可能

「モノ・モノ」では月2回、さまざまな作り手さんを呼んで講演会や勉強会を開いたり、外部の人と組んでワークショップを行ったりしています。詳しくはHP(http://monomono.jp/)をご覧下さい。
また、今年からレンタルスペースとしても貸し出していて、会議、勉強会、ワークショップで使いたい方には1時間3500円、展示会で使用するなら1日18000円という2プランがあります。
「地元の方々にも使っていただき、地域との関わりも深められればいいなと思っています。」

お気に入りスポットは「アトリエ・フォーク」

新卒で入った会社が当時中野にあった通販会社の「カタログハウス」だったという菅村さん。
「20代前半は中野で毎晩遅くまで働いていました。また、20年ぶりに中野までの通勤が始まりました。改めて過ごしやすい街だなと感じています」

そんな菅村さんのお気に入りは「アトリエ・フォーク」です。
「アトリエ・フォーク」は切り絵作家のYUYAさん(http://chokkin-kirie.com/)と、食のアトリエ・スパロウさんの活動拠点になっていて、月に1度だけお店としてオープンしています。
毎月第一土曜日は「オープンアトリエ」。YUYAさんの切り絵作品や手ぬぐい、ポストカード、一筆箋等のグッズと、スパロウさんのパンとジャムを販売しています(11:00~18:00まで)。
詳細はアトリエ・フォークのHP(http://atelier-folk.com/)をご覧ください。
食のアトリエ・スパロウさんは、ふだんパン教室を開催しています。天然酵母のパンを作ってみたい方は、食のアトリエ・スパロウHP(http://atelier-sparrow.com/)で教室の開催日をチェックしましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

———————————————-
アトリエ・フォーク
住所:東京都中野区中野1-41-4
電話:03-6873-8566
アクセス:JR「中野」駅南口徒歩12分
営業日:イベント開催時のみ営業
ホームページ:http://atelier-folk.com/
———————————————-
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回の★なかの人

菅村大全(すがむら だいぜん)さん
有限会社モノ・モノ代表取締役。
長崎県出身。会社員を経てフリーライターとして独立。2015年6月にモノ・モノの4代目代表に就任。リトルプレス「Crafter」の編集を手がける一方、秋岡芳夫とグループモノ・モノの理念を次世代につなげる活動を行う。

モノ・モノ
住所:東京都中野区中野2-12-5 メゾンリラ104
電話:03-3384-2652
アクセス:JR「中野」駅南口改札徒歩3分
営業時間:月~金曜 11:00~18:00
定休日:土・日曜、祝日 ※展示入替やイベント貸し切りで臨時休業あり
ホームページ:http://monomono.jp/

PAGE TOP