【中野人インタビュー】WAHAHA本舗 喰始さん&久本雅美さん/前編

今月はなんと、WAHAHA本舗 主宰・喰始(たべ はじめ)さんとタレント・久本雅美さんが登場!
2回に分けて、中野愛あふれるインタビューの模様をお届けします。
前編は、お二人を惹きつけてやまない街・中野の魅力について聞きました。

中野在住歴30年以上! 二人が語る「中野の魅力」とは…

8/24(木)に中野サンプラザホールでの「WAHAHA本舗全体公演 ラスト3~最終伝説~」を控えている喰さんと久本さん。お二人とも中野区在住歴30年以上という、根っからの“中野人”です。

プロフィール

久本雅美さん(以下、久本)「喰さんも私も中野、長いですよね」

喰始さん(以下、喰)「僕は東中野に40年近く。東中野を選んだ理由は、単純によく飲みに行く新宿に近いから(笑)。酔っぱらっても歩いて帰れるのがいいでしょう。ほかの劇団員やスタッフも中野に住んでいる人が多かったね。昔は若い子たちを集めて自宅で稽古したこともあったなぁ。僕が近くのスーパーで食材を買って、夕食を作ってあげたりしてね」

久本「私も34年ぐらいになるんじゃないですか。東京に出てきて最初に住んだのは練馬区だったんですが、渋谷の稽古場へ通うには少し不便で。そこで、引っ越したのがアクセスの便が良くて、家賃も安い中野。それから、ずーっと中野で。もう、区内で何度引っ越しをしたかわからないぐらい(笑)。新井薬師前、野方、南台の中で3軒ぐらい、鍋屋横丁、中野駅南口といろいろなエリアに住みました。今や、中野を歩いていても誰も驚いてくれません。よく声も掛けられますよ」

「東中野の良いところは良い意味で変わらないところ。駅前に高層マンションができて変わるかな?と思ったけど、本当に街が変わらないんですよ(笑)。それがおもしろくてね」

久本「わかります。私もとにかく中野が大好きで、中野以外に住むことが考えられなくて。アットホームで、庶民的で、住んでいる人が気さくで、何でもそろっちゃうし。初めて中野に来たとき、中野サンプラザを見て感激したんですよ。 当時、テレビの歌番組でスターたちがいつも“中野サンプラザから中継です”と言っていましたから、ここか!って。今や憧れの中野サンプラザが家から歩いてすぐですからね。あぁ、東京に来たなぁと改めて思うことがあります。都心の一等地のマンションに憧れたこともあったんですけれど、ほかの街はなんだか肌に合わなくて(笑)。ここで生活したら寂しいだろうなって。結果、中野です。これからも中野に住み続けると思います」

中野を愛する二人のお気に入りスポットを紹介

人生の半分以上時間を中野で過ごしてきた喰さんと久本さん。第一線で活躍し続ける多忙なお二人に、気分転換を兼ねて訪れる中野のお気に入りスポットを聞いてみました。

中野ブロードウェイには、今でも月1回は通っているよ。一時期はフィギュアを集めていたんだけれど、多くなりすぎて手に負えなくなって。今は古い漫画とか、メンコとか“紙モノ”を集めて、額に入れて飾ったりして楽しんでいるんだ」

_X4A1070

久本「そういえば、前に漫画本をお宝鑑定の番組に出したら、すごい金額になったこともありましたよね!」

「そうそう。たぶん関係者じゃないと気付かないようなお宝がうちにはいっぱいあるよ」

久本「喰さんの収集癖はほんと、すごいですよね」

「あとは、west53rd 日本閣の大きな木の横を通って、東中野の駅に行くのが好き。改装でなくなってしまうかと心配したけれど、しっかり残ってホッとしたよ。東中野ってそういうところがいいでしょう。あとは、焼き肉店の漢江はお気に入り。去年駅の近くに移転したけれど、その前から何十年も通っているお店だね」

_X4A1017久本「私は中野通りから哲学堂にかけての桜のアーチ。本当に見事ですよね。一瞬、あの世かと思うぐらい。歩道橋に上って眺めるのが好きです。あとは、中野セントラルパーク! 行くとテンションが上がるスポットですね。あそこで朝ジョギングをしようと、はりきってウェアから何から用意したのですが、それで満足して、お茶をして帰ってきちゃいましたけれど(笑)。レンガ坂もお気に入りです。仲間にも“久本さんを見つけたいなら、レンガ坂にいるよ”と言われるぐらい、よく行くお店があって。ライブもお芝居も楽しめる小劇場などが多いのも中野の好きところで、“ザ・ポケット”などには今でも行きますね」

 

★インタビュー後編はこちら

 

インタビュー中1

喰始(たべ はじめ)さん(右)
WAHAHA本舗主宰・代表取締役・演出家・放送作家。
1947年12月25日生まれ、香川県高松市出身。
放送作家として、「ゲバゲバ90分」「コント55号のなんでそうなるの」「たけしの元気が出るテレビ」「欽ちゃんの仮装大賞」をはじめ、数々の伝説的なバラエティ番組を生み出す。1984年に私財を投じてWAHAHA本舗を結成。ワハハ本舗全作品の作・演出を手掛ける。 映画ビデオ&LD&DVD&フィギュア&漫画&ピンバッチコレクター

久本雅美さん(左)
女優・タレント。
1958年7月9日生まれ、大阪府出身。
劇団ヴォードビルショーを経て、1984年6月 WAHAHA本舗設立。同劇団をはじめ、多くの舞台で活躍するほか、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」・「ヒルナンデス!」、TBS系「ぴったんこカン☆カン」、讀賣テレビ系「秘密のケンミンSHOW」などにレギュラー出演中

PAGE TOP