【中野グルメ】中野で美味しい“デカ盛り”特集2021

カロリーなんて気にせずに、超満腹になるまで大食いしたい、デカ盛りを食べまくりたい!

そんな方は必見!見た目からもボリュームが伝わってくる、モリモリに盛られたデカ盛りでおいしい中野のお店をご紹介します! 食べても食べても減らない「量を食べ続ける」幸せ、味わい尽くしましょう!

【鷺宮】驚きのデカ盛りローストビーフ丼!山田調味料研究所(たこ焼き酒場もんもん)

西武新宿線「都立家政駅」北口から徒歩4分、都立家政商店街の新青梅街道にほど近い場所にある「たこ焼き酒場もんもん」。

ローストビーフ丼(大盛1200円/税込)

お店の看板メニューの「ローストビーフ丼(大盛1200円/税込)」は、総重量1キログラムを超えるデカ盛りぶり。まさに“お肉の山”で、どこから食べていこうか悩んでしまいます。
やや厚めのローストビーフは、食べごたえがありながらもやわらかく、オリジナルのタレとの絡みも抜群です。この量で1200円(税込)というのがさらに驚き!

★お店について詳しくはコチラ

【本町】ボリューム満点のデカ盛り!「尚ちゃんラーメン」

東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」「中野富士見町駅」からそれぞれ徒歩約7分、中野通り沿いにある中華食堂「尚ちゃんラーメン」。デカ盛りメニュー目当てに若い人たちが訪れることで、昔から有名なお店です。お店前の黄色い看板が目印です。

 

生姜焼定食+半ラーメン(950円/税込)

こちらはおすすめメニューの「生姜焼定食+半ラーメン」。メインのたっぷり生姜焼きと山盛りキャベツに、ラーメンまでついてきてなんと税込950円!生姜がしっかり効いた濃いめの味付けで、ご飯がどんどん進むおいしさです。

★お店について詳しくはコチラ

【中野駅北口】600gのデカ盛りナポリタン「ハヤシ屋中野荘」

JR中野駅からふれあいロードを北にまっすぐ進むこと徒歩5分。ひときわ目立つ昭和テイストの看板をかかげる、洋食倶楽部「ハヤシ屋中野荘」があります。ハヤシライスとオムライスを合体させてできた「オムハヤシ(900円/税込)」が人気No.1の看板メニューです。

ナポリタン大盛(850円/税込)

「ハヤシ屋中野荘」のデカ盛りメニューは、「ナポリタン大盛」!通常200gのナポリタンにプラス100円を追加することでデカ盛りの600gに変更することができるんです!ナポリタンの定番具材の「ウインナー・玉ねぎ・ピーマン」もしっかり入っていて、もっちり太麺にトマトソースが昔懐かしい味わい。食べやすい味に、麺がするするとお腹に吸い込まれていきます。

★お店について詳しくはコチラ

【松が丘】デカ盛り! 昔ながらの中華が楽しめるラーメン哲ちゃん

中野区の北部には、一万七千坪の広大な敷地を有する、区を代表する公園「哲学堂公園」があります。その目と鼻の先にあるのが、昔ながらの中華料理が味わえる「ラーメン哲ちゃん」。「哲学堂公園」沿いを通る中野通りと新青梅街道。この2つの通りがぶつかるT字路の、黄色い看板が目印のお店です。

肉野菜炒め定食(900円/税込)

哲ちゃんでご紹介するデカ盛りメニューは「肉野菜炒め定食」!メインの肉野菜炒めは、たっぷりの野菜と、それに負けない存在感のお肉が合わさった、ボリューム満点な仕上がりです。塩胡椒がしっかり効いた濃いめの味付けで、ご飯が進みます。野菜不足が気になる方にモリモリ食べてもらいたいおすすめ定食です。

★お店について詳しくはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。