【中野区グルメ】つけ麺&油そば特集

新生・まるっと中野のグルメ特集第一弾は『つけ麺&油そば』。色々なお店が立ち並び美味しいものがたくさんある中野区から、中野の食の定番『つけ麺』と、最近アツい!人気急上昇の『油そば』をピックアップしました!

【つけ麺】つけ麺発祥のお店 中野大勝軒

大勝軒の看板メニュー『元祖つけそば』570円(税込)

中野区のつけ麺特集で絶対外せないお店、それは創業昭和26年、つけ麺発祥の店『大勝軒』。創業者の故・山岸一雄氏が修行時代に食べていた、まかない飯がつけ麺の始まりと言われています。(大勝軒のメニュー名はつけそば)遠方より足を運ぶお客様もいるくらい、平日でも順番待ちが出る人気店です。「毎日食べても飽きない味を心がけています」と語るのは店長・坂口大輔氏。最近流行の濃厚魚介風とは一線を画す昔ながらの醤油味を守りつつも、製造工程など常にブラッシュアップ。より美味しいつけ麺をお客様へご提供するべく、日々『勉強』を心がけているとの事。麺は中太麺でつやつやツルツルとした食感が特徴で、つけ汁は醤油だれをベースに、豚肉・鶏肉・魚介などを別々に出汁を取り配合するというひと手間かけた手法で丁寧に作られています。素材の旨味がしっかり出ていて、しかもさっぱりとした美味しさです。

つけ麺発祥のお店大勝軒

大勝軒へはJR中野駅南口を出て直進。徒歩2分。中野の他、東池袋、代々木上原など都内に数店舗ありますが、それぞれ味に特徴があるとの事。食べ比べてみるのも面白いかも知れません。
【お店情報】
■店舗名:中野大勝軒(なかのたいしょうけん)
■住 所:東京都中野区中野3-33-13  ■電話番号:03-3384-9234
■営業時間:10時30分から20時30分  ■定休日:毎週水曜日

【つけ麺】製麺会社所直営のお店 麺彩房 中野本店

麺彩房
ツルツルの麺と大きなチャーシューが美味しそう『つけそば』800円(税込)

続いてご紹介するのは大正6年創業の製麺会社、大成食品が直営する『麺彩房 中野本店』。つけそば専用に開発された麺は太めでしっかりとしています。冷水で締めているので香りは控えめな印象。つけ汁の付け方により麺の噛みごたえを楽しめます。つけ汁は甘めの中にスパイスがほんのりと効いた風味溢れる味わい。だしで薄めると甘い味わいを楽しめます。具のチャーシューは食べ応えがあり、ボリューム感も充分。ラーメン通絶賛の味玉と歯切れの良い食感が魅力のメンマが味わいのアクセントに。
「麺にストレスをかけないように配慮しています」とお話くださったのは麺彩房店長・植竹氏。本社工場から徒歩3分の直営総本店だけに、麺を袋詰めすることなくお客様へ提供するという徹底ぶりです。麺の量を好みで選べ追加料金なしという麺彩房 中野本店で、出来立ての麺の美味しさを充分に味わってみてください!

入りやすい印象の麺彩房中野本店

麺彩房 中野本店へはJR中央線/東京メトロ中野駅より徒歩13分。中野駅北口から中野通りを北上し新井五差路交差点を左折。スーパーマーケット「ライフ中野新井店」向かいです。
【お店情報】
■店舗名:麺彩房 中野本店(めんさいぼうなかのほんてん)
■住 所:東京都中野区新井3-6-7  ■電話番号:03-3386-2327
■営業時間:火〜日、祝日 11時〜15時 17時半〜20時(ただしスープ切れ次第閉店)  
■定休日:祝日を除く毎週月曜日
詳しくはコチラ

【油そば】たっぷりのしらすが特徴!東京煮干屋本舗

『魚介神 油そば』1000円(税込)しらすがたっぷり乗ってます

スープの無いラーメン『油そば』は字だけを見ると油っぽいと思いがちですが、その印象を見事に裏切る美味しい油そばをご紹介!中野区で唯一、魚介出汁を使った油そばをお客様へご提供するのは『東京煮干屋本舗』。ここの看板メニュー『魚介神』は、これでもかと盛られたしらすが特徴です。豪快に混ぜていただきます。醤油味をベースに、厳選した煮干を丁寧に煮だしたタレとしらすが絶妙にマッチ。麺は中太麺でたれと良く絡みます。油そばのこってりしたイメージから想像できない、食べやすい優しいあっさり味。飽きのない味わいでどんどん食が進みます。今回いただいた『魚介神』は基本味の『スタンダード』。東京煮干屋本舗では煮干味増量の『ニボ増し』、カツオ味増量の『ブシ増し』と3種類を選ぶことができるので、3種類の違った楽しみ方ができるのが嬉しいですね。

早稲田通りに面した東京煮干屋本舗

東京煮干屋本舗へはJR中野駅北口を出て徒歩7分。早稲田通り沿いにあります。油そば系のメニューは麺の大盛り・特盛りが無料です!
【お店情報】
■店舗名:東京煮干屋本舗(とうきょうにぼしやほんぽ)
■住 所:東京都中野区新井2-1-1   ■電話番号:03-5942-4550
■営業時間:月〜土 11:00~翌1:30、日曜日 11:00〜23:30  ■定休日:無休

【油そば】豚肉がどどーん!東京ガブリ豚

食べ応えある豚肉角煮が存在感抜群の『がぶり豚油そば』 980円(税込)

次は2018年11月、味噌ラーメンの老舗だった味七の跡地に開店したスパイス油そば専門店「東京ガブリ豚」です。油そばはスタンダード醤油味とクレイジースパイスの2つから味をセレクトできるシステム。その中から今回はお店一押しクレイジースパイスの「ガブリ豚油そば」をご紹介します。丼中央の大きな豚の角煮は、豚バラの三枚肉を使用しており、しっかりとした肉の食感と皮のモチっとした食感を同時に楽しめる食べ応えのある一品。麺は中太のストレートタイプでタレともよく絡み、するっと食べやすいので、大盛り、特盛にもチャレンジできそうです。醤油ベースに十数種類のスパイスをブレンドしたタレは、しっかりとした旨味と風味豊かな香りが楽しめる病み付きになる味わい、まさにクレイジー。そのままでも十分に楽しめる一杯ですが、卓上には色々な調味料があり油そばは自分好みにアレンジして食べるものなので、色々試して楽しんでみてください。

雰囲気のある裏通りにあります

東京ガブリ豚へはJR中野駅北口徒歩約1分。雰囲気のある裏通り、中野北口一番街に入ってすぐの場所です。こちらの油そばメニューも麺の大盛り・特盛りが無料です!
【お店情報】
■店舗名:東京ガブリ豚(とうきょうがぶりとん)
■住 所:東京中野区中野5-63-6  ■電話番号:03-5942-8821
■営業時間:月〜土 11:00〜25:15(L.O)、日 11:00〜23:00(L.O)  ■定休日:無休

あなたは『つけ麺』と『油そば』どちら派?

いかがでしたか?今回ご紹介したお店以外にも、中野区にはつけ麺や油そばのお店がまだまだたくさん!どのお店も工夫を凝らしていて、美味しそうなつけ麺・油そばばかりでした。特に印象に残ったのは煮干系のスープが多い事。皆様もぜひ中野区までつけ麺・油そばを味わいに来てみてください!