東京メトロ丸ノ内線沿線エリア

こんにちは。中野ファン、エゴタリアンです。 ついに中野の街にも小雪がチラチラ、真冬ですねえ。 そんな日はあったかくてバランスのいい美味しいランチを食べたい!と 中野坂上駅すぐの「やさいと、」さんに行ってきました。 同じ中野坂上、山手通り沿いにあった系列の「鈴家」さんはもともと大好きなお店で、 ランチや宴会でたまに利用していたのですが、何と2018年末に閉店して しまわれたそう。ガーン・・・。 「やさいと、」さんも丸の内線、大江戸線が通る便利な中野坂上で、 中高のママランチ会などで人気のお店です。 ちなみに幹事で場所を押さえようとしたら他のクラスにタッチの差で先に予約されて 悔しい思いをしたことがあります・・・。 人気の秘密は「やさいと、」さんが大人好みな店構えで いろんな食材を味わえる、まさに外さない美味しさのお店だからです。 さて今日は週替わり御膳(950円 税込)を食べました。 こ...

抜群の写生力・筆力で幕末から明治に活躍した河鍋暁斎(1831-1889)の絵画作品を1階に4点展示します。 陶磁器は、常設の中国の陶磁器15点に加え、江戸時代に肥前(現在の佐賀県と長崎県)で作られた染付を11作品展示します。 2Fには伝アレクサンドロス頭部(アフガニスタン・3-4世紀)と 男神トルソ(ヘレニズム後期・前2世紀)を並べて展示します。 2Fに展示する絵画作品は「百人一首画帳」(住吉具慶筆)です。 その他、アジアの彫刻8点、そして岡田茂吉作品を展示します。 ◆開室期間 2019/01/13(日)~ 2019/02/13(水) ※休室日 2019/01/20(日)のみ ◆開室時間 10:00~16:30 ※最終入室は16:00 ★変則時間日 2019/02/04(月)、02/10(日)は14:00~20:00の開室になります。 ◆入室料金 一般 400円 / 20歳未満は無料 ...

こんにちは。 中野ファン「るいちゃん」です。 中野坂上に12/19(水)に高級食パン専門店「うん間違いないっ!」がグランドオープン! 店名からして、「何これ!?めっちゃ気になる…」と思わず、足が止まります。   インパクトのある店構えに ただただびっくり! 場所は、丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上駅」出口3より、青梅街道を東高円寺方面に徒歩2分。 住宅街とオフィスが混在した、この「中野坂上」を選んだ理由は、幅広い年代が行き交うからだそう。 店名の迫力、開放的な店舗が印象的です。 パン好きじゃなくても 「違い」って分かるの? そもそも、高級食パンって言われても、よっぽどのパン好きならともかく、 違いまで分かるのかしら、と半信半疑の私。 ところが…。 「こんなにおいしいパンのミミって食べたことある?」って思わず、考えちゃうくらい、 パンのミミが、まず、おいしいんですよ。 実は、デリバリーの...

昭和30年のデビュー以来、劇画界のトップランナーとして走り続ける、さいとうたかをさん。中野を仕事場にして半世紀が経ち、82歳の今も「ゴルゴ13」「鬼平犯科帳」の連載に全精力を傾ける“我らがヒーロー”に、中野でのエピソードや作品に対する思いについて、お話いただきました。 静かな環境にひかれて 中野という場所に仕事場を さいとう先生率いる「さいとう・プロダクション」が国分寺から中野に移転してきたのは昭和42年(1967年)。以来50年以上、中野区内を仕事場にしています。 「中野を仕事場に選んだのは、仕事がしやすい環境だから。一番静かな気がしたんですよ。元々の仕事場は国分寺にあり、そこから最初に移ったのは『十貫坂上』。それ以来、中野区内をうろうろしています。昔は何もないところだったのに、最近はずい分変わりました。でも今、仕事場がある場所も大久保通り沿いなんだけど、その割りに静かなんですよ」 ...

2018/12/26 UP
中野人 loves なかの

これから始まる一年が良い年になるよう祈る"初詣"。今年は中野区内のお寺や神社でお参りしませんか? 法要や甘酒のふるまいなどの催しを行っているところもあるので、事前に確認の上、出かけてみてね。 新井薬師梅照院 「新井薬師前駅」徒歩6分、「中野駅」徒歩15分。 元日の午前0時に暁護摩祈願法要が行われます。 除夜の鐘は一般参拝客もつくことができ、108回までは有料(お守り付き)で、109回以降は無料です。鐘つきは午前2時に終了。 <詳細・地図はこちら> 真言宗豊山派明王山 宝仙寺 「中野坂上駅」徒歩約5分。 元日の0時より修正会(しゅしょうえ)が行われます。参加者には甘酒が振舞われます。 また、午前11時から元旦大護摩供を本堂前庭で行います。大護摩供に参加すると金剛智水(こんごうちすい)・御供物がいただけます。 <詳細・地図はこちら>  中野沼袋氷川神社 「沼袋駅」徒歩2分、「中野駅」徒歩1...

2018/12/25 UP
ぶらり風景探訪

絵師たちの力作、ずらり。 館蔵品展「浮世絵の雅」 2019年1月15日(火)~2月17日(日)   江戸時代に成立した風俗画である浮世絵においては、肉筆画や単色摺りのものから 次第に多色摺りの錦絵が興隆しました。 絵師たちの手による、趣向を凝らした役者絵、美人画、風景画、歴史画、武者絵などの 華やかで雅な浮世絵は、今なお人びとを魅了してやみません。 本展では当館蔵の浮世絵版画のうち、江戸時代後期から明治時代に活躍した浮世絵師と その錦絵に注目しながら、色鮮やかに摺られた優品と浮世絵の世界を紹介します。 http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/wp-content/uploads/2018/12/19cbd5117ee916a011bcb9fa4f53e7d6.jpg http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/wp-c...

2018年も残すところあとわずか。新しい年を迎える前に、「除夜の鐘」で今年の締めくくり! 中野区内で大みそかから元日にかけて、"108回鐘をつく"除夜の鐘"を体験できるお寺を紹介。 基本は先着108ですが人数制限のないところや、新年が明けてすぐに法要が行われているお寺もあるので、事前に確認を。 ※時間内につけるよう余裕をもって出かけましょう 撮影/シエンアート・吉永喜淵さん   真言宗豊山派 福蔵院 先着順(23:45~24:45頃)。 人数制限なし。鐘を撞いた後は、ぜひ本堂にお参りしてください。 料金:無料 住所:中野区白鷺1-31-5 アクセス:西武新宿線「鷺ノ宮」駅徒歩2分 ※マップなど詳しくはコチラへ。   真言宗豊山派 東福寺 先着順(24:00~25:00頃)。人数制限なし。 料金:無料 住所:中野区江古田3-9-15 アクセス:都営地下鉄大江戸線「新江古田」駅徒歩10分 ...

2018/12/18 UP
ぶらり風景探訪

年の初めに体を動かして生活習慣病を予防しよう。健康な一年のスタートダッシュを! 『南部健康まつり』 1月は、中野区の健康づくり月間。区内各地で、楽しみながら気軽に参加できる健康イベントが開催されます。 南部地域では1月13日(日)に、南部スポーツ・コミュニティプラザにて、南部健康まつりを開催します。 皆様のご参加をお待ちしています。 ※南部健康まつりは、中野区南部すこやか福祉センターと中野区地域スポーツクラブが共同で開催する健康イベントです。 日時 2019年1月13日(日)13:00~17:00(12:30から受付開始) 会場 南部スポーツ・コミュニティプラザ 体育館 多目的ルーム (中野区弥生町5-11-26 南部すこやか福祉センター併設 みなみらいず内) 内容 【体育館会場】 ■「ボッチャ」13:10~14:40(事前申込制/先着50名) 2020年パラリンピックの正式種目 ■「...

人気は月替わりグラスワイン おつまみは本格煮込み料理を ガラス張りの入口から、コンクリート打ちっぱなしの内装が見える「BY THE WAY 新中野」はおしゃれなスタンディングバー。鍋横商店街にあるので、近所の常連さんが毎晩集うアットホームなお店です。 椅子も数席あるため、着席したいときは座ることも可能 フードはおつまみが中心で「ドライフルーツ」や「ミックスナッツ」などが300円から。「鶏もも肉のバスク風煮込み」や「トリッパのトマト煮」など本格料理も500円です。 お酒に合いそうな「鶏もも肉のバスク風煮込み」(500円)   他に「キーマカレー」「ナスとひき肉のボロネーゼごはん」(各600円)といった2種類の〆メニューも。 ドリンクは月替わりのグラスワインが人気で400~600円とリーズナブル。クラフトビールも約80種と豊富にそろっています。 「グラスワイン」は赤・白400~600円、「...

「今日はちょっと飲みたい気分…」 でも飲み屋でガッツリというよりは、さくっと飲みたい。 そんなときは立ち飲みがピッタリ! 中野にはバラエティーに富んだ立ち飲み店がたくさんあります。今回は一人でも気軽に、ふらっと立ち寄れるオススメ店を紹介します。 【中野】九州直送「かめ焼酎」&人気のあぶり焼き 和歌山県にある酒専門会社が直営する立ち飲み居酒屋。 甕(かめ)で焼酎を熟成して作られた「前割り焼酎」や、 食材を炭火であぶり焼きしたメニューが人気です。 <詳しくはこちら>     【中野】看板メニューの「焼きギョーザ」に、女性に人気のサワー&ハイボール 家庭的な雰囲気の中、味わえるのは、ちょっと変わったネーミングのサワー&ハイボール。看板メニューの「焼きギョーザ」と一緒にどうぞ。 <詳しくはこちら>      【中野】全国各地から集められた日本酒&260円フード 店主自らが酒造に行き、選び抜いた...

PAGE TOP