東京メトロ丸ノ内線沿線エリア

今年も中野区では、7月~8月にかけて、夏のお祭りが目白押し! 阿波踊り、エイサー、盆踊りなど、楽しい夏のイベントがいっぱいです。ぜひ家族や友達を誘って、出かけてみて! ----------------------------- 7月開催 ----------------------------- 7/14(土)・15(日) 伝統舞踊「エイサー」で沖縄一色に 「中野チャンプルーフェスタ」 約50団体、700人の踊り手が沖縄の伝統舞踊「エイサー」を踊り練り歩き、2日間で約6万人を動員。中野が沖縄一色に染まる夏の一大イベント。今年は「中野サンプラザメインステージ」「中野区役所前広場」「中野駅前北口改札前広場」の3か所のほか、サンクォーレSTAGEを新設。同会場では三味線ワークショップも開催されます。さらに、沖縄ソウルフードの模擬店や地ビールも楽しめます。 最終日の「大カチャーシー」には観客も...

2018/07/12 UP new
イベント情報

[This article has an English translation at the end.] みなさん、こんにちは! 私たちは明治大学国際日本学部佐藤ゼミ、チーム キタサンブラックです! 私たちが今回選んだお店は新中野4番出口から徒歩わずか30秒、大きな赤いサーフボードが出迎えてくれるこちらのお店! 本格洋風居酒屋『TASTE ONE』です! ☆今回オススメしたいメニュー☆ 1つ目は、世界のビール28種類!! なかでもオススメなのが、ヒューガルデンホワイト(ベルギー)とクローネンブルグ・ブラン(フランス)です! (ヒューガルデンホワイト・¥850) (クローネンブルグ・ブラン・¥1,050) どちらもとても飲みやすく、普段ビールの飲めない私たちでも 本当に美味しくいただけました!! 2つ目は、ALL500円(外税)の自家製ピザ!! 種類は全部で11種類もあります! 今回頂...

日本の伝統芸術の一つ“能”を 親子で体験できる貴重な機会! 現存する世界最古の舞台演劇といわれ、ユネスコ無形文化遺産にも登録 されている「能」。昨年開催し、大変好評だった親子で能を体験できるワークショップを 今年も開催します! 当日は能楽師・伶以野(レイヤー)陽子さんによるデモンストレーションを鑑賞後、 “舞”や“謡(うたい)”に挑戦。体を動かし、声を出して、能の世界を体感します。 最後は能面をつける体験も! このワークショップ最大のポイントは、本物の能楽堂の舞台に上がることができる点。 普段は上がることのできない貴重な舞台で、能のエッセンスを学べます。 夏休みの思い出や、自由研究にぴったりのこのイベント。 ぜひ親子で参加してみませんか? ※写真は全て昨年実施したワークショップの様子 「親子のための能ワークショップ」 ■ 日時 7/24( 火)14:00~16:00( 13:30受け付...

2018/07/02 UP
イベント情報

株式会社中野サンプラザでは、開業45周年を記念して 「バックステージツアー」を開催いたします。 コンサートホールの舞台裏やステージから見る客席など 普段では見ることのできない景色へご案内いたします。 是非ご参加ください。 ====================================== 【開催日時】2018年8月7日(火)13:00~15:30 【参加料】無料 【対象年齢】中野区在住の小学校4年生~中学校3年生のお子様と同伴の保護者。 【定員】50名/予約制 ※定員になり次第終了となります。 【応募方法】 下記の電話番号にてご応募ください。 係りの者に希望人数・住所・電話番号・お子様の氏名と年齢・保護者の氏名と年齢をお伝えください。 【予約受付】2018年7月2日(月)10:00受付スタート ====================================== 【ご...

前回、中野新橋のケーキ屋「ふんわりさん」をリポートしたところ、 その記事を見た友人が「うーん、迷うけど、私は、フリップス派!」とのこと。 「え?どこそれ!?」と教えてもらったのが、ココ! タルトケーキがめちゃくちゃおいしい「フリップス」 「新中野」駅、1番出口を出て、青梅街道を東高円寺方面へ徒歩5分。 ありました! わっ! もう、店構えからズキューン! かわいい!! なんでも、タルトケーキがオススメらしい。 タルトと言えば、娘が、大のタルト好き。 娘の誕生日やお祝い事では「タルトケーキ」と我が家では決まっており、雨が降ろうが、 「1時間待ち」と言われようが、 タルトケーキ専門店「キルフェボン」にホールで買いに行くことが暗黙のルール。 娘の内祝いのときには、ホールのケーキを何個も大人買いして、配り歩いたり…。 もう、それくらい、タルトが好きなんで、 「うちも、もしかして、フリップス派!?...

今年2月、70歳の節目に、能楽界の隆盛に尽力した曾祖父と祖父の名跡を継いだ、能楽師の四世・梅若実さん。人気と実力を備えた能楽界の第一人者として活躍する梅若さんは、廃絶された能の復曲や新作能の上演に加え、海外への能の紹介にも意欲的で、アメリカ、フランス、オランダ、ロシアなど各国で公演を実現。伝統の枠にとらわれない多彩な取り組みによって、能の新しい可能性を常に切り開いています。 東中野にある「梅若能楽学院会館」での活動や後進の指導から、2016年には中野区名誉区民にも選定され、能楽界のみならず、国内外の様々な分野の芸術家達に刺激を与え続けている梅若さんに、能への熱い想いを語っていただきました。 “名人”とうたわれた曾祖父の偉業と努力 自分も能を発展させ、未来へつなげたい 「梅若家は奈良朝の橘諸兄に始まっており、そこから通しで数えると私は56代目。今年2月に襲名した梅若実という名跡については...

2018/06/29 UP
中野人 loves なかの

一番美味しい! 焼きたて(焙煎したて)の豆が手に入る 「珈琲や」は、全45種類のこだわりのコーヒー豆の中から、好みの焙煎加減で、1人1人の “美味しいマイベスト” を見つけてくれる珈琲店です。店内でコーヒーを味わうこともできますが、このお店の1番の特徴は、豆の販売。生のコーヒー豆を目の前で自分のためだけに焙煎してくれます。 「日本人なら誰もが知っている、お米は炊きたてが一番美味しい。その考えは、コーヒー豆にも通じることなんです」とはオーナー。「コーヒーは嗜好品として広く楽しまれるようになり、今はスーパーや大手コーヒーショプで気軽に豆を買えるようになりました。好きな豆の種類にこだわる人も増えてきていますが、そのこだわりの豆がいつ焙煎されたのかまでは見極められないですよね。だからうちでは、目の前で、好みを聞いて、その人のためだけに焙煎した豆をお渡ししているんです。」 コーヒー豆には油分が含...

2018/06/28 UP
まち歩き

ファッションから雑貨、本、フィギュアなど、さまざまなグッズがそろう中野。 そこで今回は、個性的なアイテムが見つかる衣料・雑貨店、1人1人の嗜好に合わせて提案をしてくれる専門店、もう売られていない廃番ものが手に入るお店、サブカル系の面白いアイテムが並ぶお店など、意外な「掘り出しモノ」が見つかる6店を紹介します。 【新井薬師前】海外モノからデッドストック品まで、旅を感じる文具雑貨店 “旅”と”人”をコンセプトに、ポストカードやステッカーなどおしゃれなオリジナル商品や、今はもうなくなってしまった旧西ドイツの文具メーカーrambold(ランボルド)のボールペン、入荷まで3ヶ月かかる海外製マスキングテープなどレアなアイテムも豊富なお店。海外の蚤の市で掘り出し物を探すような感覚を楽しめます。 <詳しくはこちら>   【中野】ドラマにも登場した、見て楽しめる昔懐かしい鉄道模型のお店 “Nゲージ”、“...

2018/06/28 UP
まち歩き

私が心と身体を癒されに通うのは。 マッサージ店でもなく、温泉でもなく、パン屋の「タカギ」 中野区の弥生町にあるパン屋「タカギ」。 両開きの扉が大きく開かれたその入り口は、まるで手を広げて「この胸に飛び込んでおいで!」と言っているかのよう。大きなランプがオレンジ色に店内を優しく包み、鏡張りの壁が手づくりのパンたちを輝かす、なんともレトロな雰囲気が漂う店内には、開店から2時間もすれば、美味しそうなパンがずらりと並びます。 ラインアップは、あんぱん、食パン、サンドウィッチにドーナッツ・・・と、「これぞパン屋さん」ともいえる並びで、老若男女、幅広い世代のお客さんに喜ばれそうです。10年、20年前に来たお客さんが、また同じ場所で同じ味を楽しみに来ることが出来るというのだから、昔から地元の方々に愛されているパン屋さんだということは間違いないですね。 お店の誠実さは、その価格からも オレンジ色のライ...

中野区にも伝統工芸職人がいることをご存知でしょうか。 髪型や着物など日本の伝統的な風俗を写した人形の「和人形」や江戸文化の“いき”の伝統を受け継ぎ、単彩ですっきりしたものが特徴の「東京手描友禅」など様々な業種の職人が中野区にいます。 中野区内で活躍する伝統工芸の職人の方々をご紹介します。   【東京手描友禅】 江戸時代に京都の絵師「宮崎友禅斎」によって創始されたと言われ、江戸の洗練された庶民文化の中に江戸の友禅として発展し江戸の粋を現代に伝えています。下絵から色挿し、仕上げまでの行程を手描きによって染付します。 ★職人★ ・高橋 貞雄 ・白鳥 末孝 ・熊澤 吉治 ・小柳津 公龍 ・大地 佐和子   【東京無地染】 染法の中で最も基本的な染で、植物で布地に色付けすることから始まりました。 仏教の伝来と共に、藍、紅花が渡来し、奈良・平安時代に技術が確立され、江戸時代には江戸紫、江戸茶などの...

2018/06/22 UP
匠の技!伝統工芸

PAGE TOP