生まれ変わった中野区立総合体育館「キリンレモンスポーツセンター」

2020年10月1日、平和の森公園内に、新しく中野区立総合体育館がオープンしました。呼称は「キリンレモンスポーツセンター」。中野区に本社を構えるキリンビバレッジ株式会社がネーミングライツ契約を締結し、キリンの代表商品でもあるキリンレモンから名前がつけられました。

新しく出来た中野区立総合体育館「キリンレモンスポーツセンター」

区民のスポーツによる健康づくりやコミュニケーションづくりの促進を目的とし、本格的な競技大会も行えるメインアリーナ、小規模大会・多様な用途に使えるサブアリーナや武道場を備えた施設です。

木材を多用した優しい内部デザイン

また、体育館が公園の一部として広場と一体となる「テラス型」となるように設計されたり、区民の憩いの場として内装に木材を多用した優しい雰囲気を持つデザインになっていたりと、さまざまな工夫がつめこまれています。

中野区立総合体育館「キリンレモンスポーツセンター」は、受付の券売機で施設利用券を購入すればどなたでも自由に利用することができます。

施設の中心となるメインアリーナは、多種多様な競技種目に対応。バスケットボールやバレーボールならコート2面分、バトミントンなら8面分、フットサルの試合もできる大きなフロアとなっています。観客席は1階・2階合わせて804席設置され、2階の観客席の周りは室内用ランニングコースにもなっています。

多種多様な競技種目に対応したメインアリーナ

2階観客席の周りはランニングコースとなっています

サブアリーナは、バスケットボールコート1面分とメインアリーナに比べるとフロア面積は小さめですが、フロア床には柔らかい素材が採用されており、障がい者選手の方も利用しやすい工夫がされています。

メインより小さいとはいえ、それでも十分な広さを持つサブアリーナ

 

他にも剣道・空手・柔道等の武道の公式競技が行える武道場が2室、卓球やダンス、バレエ、ヨガなど様々な用途に使える多目的室が2室あります。

様々な武道の公式競技が行える武道場

たっぷりの自然採光が気持ちいい多目的室

またランニングマシーンやエアロバイク等の有酸素運動系マシンや筋力マシンが設置されたトレーニングルームの隣には、ボルダリングやトップロープクライミングの練習に使える高さ4〜5mのクライミングウォール(※使用は別料金)があったりと、設備が非常に充実した施設となっています。

さまざまなマシンが並んだトレーニングルーム

もちろん更衣室やシャワールームも完備。お子様連れには嬉しいキッズスペースや、仲間と一緒にくつろげるカフェや野外テラスがあるのも利用者にとって嬉しいポイントです。

お子様連れに嬉しいキッズスペース

ドリンクと軽食が注文できる「モリノナカノカフェ」

晴れた日の、3階の野外テラスからの眺めは最高です

360°VIEW

※画像を動かして360°視野でご覧いただくことが可能です。

中野区立総合体育館「キリンレモンスポーツセンター」はスポーツ施設としてだけでなく、災害時には帰宅困難者の一時滞在場所や災害時の各種支援団体の活動拠点として活用することも可能。

他にも隣接する中野水再生センターから供給される熱を利用した空調設備は温室効果ガスの削減に寄与しており、自然採光設計、太陽光発電設備といった環境や状況にも配慮した施設となっています。

「東京2020オリンピック・パラリンピック」の卓球の公式練習会場でもあります

また、2021年開催予定の「東京2020オリンピック・パラリンピック」において卓球の公式練習会場に決定しています。キリンレモンスポーツセンターには人とスポーツへの関心がますます集まり、地域活性化の新しい中心になっていきそうです。

 

中野区立総合体育館「キリンレモンスポーツセンター」
所在地 中野区新井3丁目37−78
電話 03-5860-0024
営業時間 7:00~22:15
定休日 無休
アクセス 西武新宿線「沼袋駅」から徒歩5分、JR中央線「中野駅」北口から徒歩17分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。