寳福寺

寳福寺は真言宗のお寺で、ご本尊は聖徳太子です。
聖徳太子が諸国を巡遊した時、この地を霊地として堂を建立し如意輪観音(にょいりんかんのん)を安置して、国家安穏を祈ったことに始まるといわれています。
また、昭和新選江戸三十三観音札所の第17番札所にもなっています。
境内にある「筆塚」と書かれた碑の文字は「筆塚」の字は戸村直衛が書いたもので、明治の初めに建てられたと考えられます。
戸村氏は明治3(1870)年、雑色村に「戸村塾」を開いた人で、中野区最初の公立校「桃園学校」の教師も勤めました。家塾開業願や小学校設立伺書などによれば、若い頃に幕府の関係者から、数学・書道・洋学を学んだ知識人だったことがうかがえます。
明治4年当時、戸村塾の生徒は25名で、教場は寳福寺や村内の民家をあてていました。明治5(1872)年の学制発布後も存続し、私立戸村小学校から桃園小学校雑色分校へと引き継がれました。
この筆塚は、師弟の使用した毛筆を納めて供養して学業上達を願ったものと考えられ、中野の初等教育を物語る記念碑です。

所在地 中野区南台3-43-2
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「方南町」駅から徒歩10分

0402nintei_logo

中野区認定観光資源
中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。
本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。