蓮華寺

本尊は日朗の作とされる日蓮座像です。池上本門寺の末寺で、元は神奈川県星川村にありましたが、元文5(1740)年に現在地に移転したといわれています。境内の左側にある墓地には、哲学堂の創始者である井上円了の墓があります。
その他、蓮華寺には、像の腹の中に小さな同型の像が納めてある「お腹こもり清正公」と言われる加藤清正像があり、その昔関東地方に天災地変がおこるたび、「身代わり清正公」と称して災難調服の祈願をされたと言われています。また、約7万人にのぼる女性から3本づつ提供受け、生髪を植え付けた生髪鬼子母神像(なまがみきしもじん)があります。
 
所在地:中野区江古田1-6-4
アクセス 西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩13分

 
 

0402nintei_logo

中野区認定観光資源
中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。
本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。