新井白石の墓

新井白石(明暦3年(1657)~亨保10年(1725)、満68歳没)は江戸中期の朱子学者であり政治家です。本名は君美(きんみ)、通称は勘解由(かげゆ)といい、白石は号です。
木下順庵に朱子学を学び、その推挙により徳川綱豊(後の家宣)の儒臣となります。宝永6年(1709)家宣が将軍になると、幕臣として間部詮房とともに家宣を補佐。正徳の治を開き、教学と政治の一致に努めました。主な事績として、武家諸法度改訂、貨幣改鋳、海舶互市新令の施行、儀式典礼の整備などが挙げられます。
学者としては、合理性と実証を重んじ、朱子学的思考と実践の結合した合理主義者で、日本古代史に合理的解釈を試み、外国事情にも意を用いました。著書には「藩翰譜」「読史余論」「西洋紀聞」「采覧異言」「折たく柴の記」などがあります。

所在地 中野区上高田1-2-9(髙德寺境内墓地)
アクセス
・JR中央・総武線「東中野」駅から徒歩6分
・東京メトロ東西線「落合」駅から徒歩5分
・西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩17分
電話 03-3368-6947(髙德寺)
時間 午前7時30分~午後5時30分(開門時間)

0402nintei_logo

中野区認定観光資源
中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。
本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。