鷺宮八幡神社

鷺宮八幡神社の創建は康平7年(1064)。源頼義が東国平定後、鎌倉街道に面した当地に社殿を建て、八幡神の御神霊を奉祀したのが始めであると伝えられています。かつて境内には鷺が多く住んでいて、里人はこの神社を「鷺宮大明神」と呼ぶようになりました。これが一帯の地名「鷺宮」の由来になったそうです。
慶安2年(1648)以降に江戸幕府から御朱印7石余を寄進されており、中野区においては唯一の、朱印を付与された神社となっています。また本殿の左手には、稲荷神社・御嶽神社・八雲神社・北野神社・粟島神社・疱瘡神社の六社が祀られている支社があります。
 
 
所在地 中野区白鷺1-31-10
アクセス 西武新宿線「鷺ノ宮」駅から徒歩2分
電話 03-3338-8536

 
 

0402nintei_logo

中野区認定観光資源
中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。
本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。