井上円了の墓所

江古田の蓮華寺には、井上円了の墓所があります。
円了は安政5年(1858)、新潟県の寺に生まれ、哲学者・教育者として明治中頃から大正にかけ多彩な活動を繰り広げました。特に既成仏教の革新、キリスト教の批判や迷信打破の運動は、日本文化史に特筆されるものです。また哲学館(後の東洋大学)と哲学堂を創立し、円了が提唱する「護国愛理」をもとに学校教育と社会教育の振興を図りました。こうして国民道徳の普及と「考える人」の養成を目指し、国家への報恩を願ったそうです。
円了は大正8年(1919)、巡回講演の旅行中に中国で病死し、蓮華寺の先々代住職と親交があったことにより当寺に葬られました。井桁の上に円形の石を置いて名前を表現した墓石は、生前の発意といわれています。
 
所在地 中野区江古田1-6-4(蓮華寺本堂前)
アクセス 都営大江戸線「落合南長崎」駅から徒歩13分

 
 

0402nintei_logo

中野区認定観光資源
中野区の都市観光の振興を目的として、区内の地域資源(旧跡・建築物・文化財・商店街・食文化・イベントなどの有形無形の資源)の中から、中野区の魅力をPRする観光資源として、平成26年2月に区が公式に認定したものです。
本資源は、有識者等で構成する選考会において選定し、所有者の同意を得た資源を中野区認定観光資源として認定しています。