この道をバスが通過していた? 中野を走っていた幻のバスルートを求めて【百観音下-練馬駅間】

中野区では約100年程前の大正後期から、既に幾つかの会社が乗合自動車として現在の区内を走行していたらしく、路線や停留所のいくつかは今でも存在しているようです。

今回はその中でも『中野町誌』にも記載されている「大正乗合自動車」が運行していた想定ルートと停留所が、現在はどの様になっているかを百観音下-練馬駅(終点)間を実際に歩いて辿っていきたいと思います。


【大正乗合自動車/中野坂上ー練馬駅区間想定ルート】

©Google MAP

 ↑画像をクリックすると詳細なGoogleマップに飛びます。

 

  【百観音下】
停留所近くにある百観音明治寺から付けられたと名称と推定されます。
古くからお住まいの方にお伺いした際に、この停留所で上下線を走るバスが交差していた事を覚えてらっしゃいました。

 

 

  【江古田四丁目】
小石川道(現新青梅街道)の現在の沼袋交差点がある近辺にあったと推定されます。
路線によっては江古田四丁目の次の停留所を丸山として終点とする路線もあり、現在も名称が残る丸山塚公園近辺であったと、こちらも推定されます。




【貞源寺】
小石川道(現新青梅街道)の停留所近くにある貞源寺から名称を付けたと推定されます。
貞源寺自体は大正3年に浅草から移転したきたと『中野区史下巻』に記述があります。
また幕末~明治初期に起きた戊辰戦争で榎本武揚ら共に最後まで戦い、五稜郭で死亡した伊庭八郎の墓所も存在します。



【小学校前】
停留所近くにある現在の江古田小学校から付けられた名称と推定されます。
『昭和十六年大東京三十五区区分修図集成』に記載されているバスルートを見ると徐々に幅の狭い道路になっていき、当時この道を通れるバスのサイズがより実感出来ます。

 

 


【市療養所前】
東京市療養所(現江古田の森公園)の入口近辺にあったと推定されます。
『古老の語る沼袋・江古田の歴史1』等の文献によると、バスが通るまでは中野駅方面からは徒歩や人力車等での療養所に向かっていたそうです。








【徳田】
この停留所から当時の板橋区(昭和22年より練馬区)に入ります。
正確な場所はわからないものの同名の停留所がある事から、この近辺にあったと推定されます。








【中新井中通】
こちらも正確な場所はわからないものの、京王バスの豊玉中二丁目停留所近辺にあったと推定してます。
停留所の名称は、かつてこの地に中新井村が存在していた事と、現在の千川通りの文化センター入口交差点から分岐するこの道が、新井薬師道と呼ばれた参詣道であった事が由来していると思われます。
この通りには2か所ほど、現在でも新井薬師道があった事を説明する看板も残されています。




【下新街】
こちらも正確な場所はわからないものの、現在も目白通りに中野駅-練馬駅を走る京王バスのルートに同名の停留所がある事から、この近辺にあったと推定されます。
停留所の名称は、清戸道(現千川通り)沿いに造られた新しい街並みの下部にあたる場所として名付けられた地名をから取られたものと思われます。







【江古田橋】
清戸道(現千川通り)沿いを流れていた千川上水に架かっていた江古田橋近辺にあったと推定されます。
場所は現在の文化センター入口交差点辺りになります。








【練馬駅】
『昭和十六年大東京三十五区区分修図集成』
には清戸道(現千川通り)沿いの、現在の練馬駅前交差点近辺にあった記載されています。








「中野坂上ー練馬駅」間を走った幻のバスルート、如何だったでしょうか?

補足になりますが、京王バスの乗合事業担当の方にお伺いした所、新青梅街道から沼袋駅へ続く商店街の道路は昭和41年に一方通行になったと教えて頂きました。
また新宿-中野-練馬間を走るバスルートも存在していたらしいのですが、朝夕交通量遅延が多かった為に昭和45年頃にルートが中野駅で分割されたそうです。

2019年現在では、京王バスに【中92】ルートが中野駅ー練馬駅の往復で走っていますが、大正乗合自動車の時代と違い上下区間で走行ルートが違います。

ルートの停留所名の由来は詳細はまだ不明な部分もありますので、引き続き調べていきたいと思います。

参考文献・アプリ(リンク先:中野区立図書館デジタルアーカイブ)
『中野町誌』
『中野区史下巻2』
『江古田今昔』
『古老の語る沼袋・江古田の歴史1』
『昭和十六年大東京三十五区区分修図集成』
『東京時層地図』

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。