みんなが楽しく学べる!【中野区立広町みらい公園&体験学習センター】

ようこそ中野へ!
区民レポーターのYOUI・DON(よ~い、どん!)です

令和元年9月23日、弥生町六丁目に待望の「中野区立広町みらい公園」が開園しました。

台風の接近が心配される中でしたが、開園当日は、美しい青空の下、たくさんの笑顔がここに集まりました。

楽しく学べる公園「広町みらい公園」

この公園のテーマは、「みんなが楽しく学べる公園」

「赤ちゃんからお年寄りまでが、花や緑に囲まれて、わくわく、ドキドキ、学びあり公園という枠を越えて、生活をより豊かにあってほしい」と、公園指定管理者「中野にぎわいプロジェクト」株式会社日比谷花壇(代表企業)の芝田さん。

園内は、スロープも多く、バリアフリーに対応

体験学習センター入口には、エレベーターが設置されています

 

昔と現在、未来へ繋ぐ公園「広町」

「広町」って!?
聞きなれない名称だと感じる中野区民の方も多いことでしょう。
広町は、1931年~1967年にこの公園周辺エリア(現在の弥生町六丁目)の町名だったそうです。

他、周辺エリアでいうと、栄町公園(旧栄町)、中野富士見町駅(旧富士見町)など、旧町名の名残がある場所が存在します。
広町ですと、京王バスの停留所「広町住宅」や近隣のマンションの名称などに、旧町名が使用されているのを見受けられます。

公園前の「広町住宅」バス停留所

公園の名称は、一般公募を行い、広町で生まれ過ごしてきたという、露雪麻由子さんの提案された「広町みらい公園」に決定!
開園式典では、広町という昔の地名を残すことで、今、そして未来へ繋ぐ人の集う場所でありたい、そんな願いが込められているという話でした。

記念品贈呈式にて  左)公園名称提案者の露雪麻由子さん、右)酒井直人中野区長

今を生きるわたしたちに、そしてこれから未来をつくっていく次の世代に、みんなで広町の明るい未来をつくっていこう!
「広町みらい公園」という名称は、ここに暮らす人たちへの応援メッセージのように感じました。

開園前の公園の様子

公園面積約1ヘクタールの広さ、開園前はただ広い公園だったのですが、人が集えば、そこにはたくさんのストーリーが生まれます。

開園直後の様子

おもいっきり走ったり、転んだり、ずぶ濡れになったり

水遊びができるエリアもあります

遊具がない場所でも、子どもたちの工夫して遊ぶ姿

泣いたり、笑ったり、悔しかったり、嬉しかったり
家族や友だちなど大切な人との思い出ができたり
新しい出逢いがあったり。

園内で唯一ボールを使用できるエリア―目の前には東京メトロ丸ノ内線・銀座線の車庫があります

公園からは新宿の高層ビルが望めます、景色も楽しめそうですね

 

体験学習センターを利用してみよう!

新しい学び、新しい自分との出逢いとして、是非利用していただきたいのが、併設の「体験学習センター」。


センターでは、今後、ポーセラーツ、刺しゅう、押し花など、地元中野で活躍中の講師によるクラフト講座(日本ヴォーグ社協力)の開催や、ウクレレ、オカリナなどの音楽講座(島村楽器協力)、その他、ヨガやフラダンス、筋トレなどの運動・スポーツの講座や自然学習のイベントなど、小さな子どもからシニア層まで楽しみ学べる企画が予定されています。

スウェーデン刺しゅう講座:五十嵐富美先生

グラスアート講座:藤岡とみ子先生

葉っぱスタンプでミニトートバッグを作ろう:藤田真理子先生


朝・昼だけでなく、仕事帰りの愉しみとして参加できる夕方・夜のイベントも見逃せませんよ。

最新のイベント情報はこちら

 

また、体験学習室をレンタルスペースとして利用することもできます。

体験学習室A

仲間と集まる活動の場として、新しい挑戦の場として、あなたの未来を楽しむ場所として活用してみてはいかがでしょうか。
利用料がリーズナブルなのも魅力的!
備品の中には、卓球台もあるそうです。

体験学習室B(全面・ハーフで仕切っての利用可能)

学習スペースC 公園に面した光溢れる和室

中野区外の方もご利用いただけます。※利用料は、中野区内在住・在勤、区外在住・在勤、営利目的利用の有無で異なります。)
★利用料詳細はこちら
★利用方法はこちら

 

みんなの手で公園を作っていこう!「みんなのミニ農園」

この公園はみんなの手で作っていく!
そんな想いから、園内にはあえて未完成にしてあるエリアがありました。

体験学習センター前にある「みんなのミニ農園」

 みんなの手で、この農園を作って、みんなで植物を、そして公園を育てよう!

開園日当日は、希望者によるハーブ苗の植え付け体験が行われました。
ローズマリー、コリアンダー、ペッパーミントなど
参加者は自分の好きなハーブを一つ選んで植えつけていきました。

わたしも子どもたちと一緒に土いじり、ペッパーミントを植えつけました

小さな子どもからお年寄りまで、ハーブ苗の植え付け体験を楽しみました

売店では挽きたてのコーヒーやお菓子・アイスクリームなどを販売

園内には、ベンチがたくさん設置されています

お腹が空いたから、しっかりと何か食べたい!
そんな方は、目の前の「島忠ホームズ中野本店」に足を運んでみましょう。
ショップ内にあるフードコートで食事をしたり、テイクアウトをして、公園内でピクニックしたりと、近隣のお店を活用してみるのもおすすめです。

島忠ホームズ中野本店

レジャーシート、紙コップ・皿、虫よけスプレー、絆創膏など、何か必要な時に、ホームセンターはあなたのリュック代わりになってくれる心強い味方!

 

クライミングウォール

 

子どもたちが大人になる頃には、この公園は、中野はどうなっているかな?

インターネットで買い物ができる便利な社会だけど、人と人の触れ合いを求め、そして、新しい自分を探しに、是非この広町みらい公園に足を運んでみてください。
東京の街中だけど、広い空が見え、花と緑に囲まれた環境で、何か新しい発見があなたを待っているかも!?

中野区立広町みらい公園
住所 中野区弥生町6-1-7
中野区広町みらい公園体験学習センター
電話 03-6382-6072
FAX 03-6382-6073
営業時間 9:
00~21:00 
※休館日 12月29日~1月3日
臨時休館日 毎月第2月曜日(当該月曜日が休日に当たる場合、その直後の休日ではない日)
・休館日は売店を含め建物内には入れません
・各種受付窓口業務も行っておりません
・臨時休館日は、緊急時等の対応スタッフが9:00~17:00で在駐
アクセス 
・JR「中野駅」南口から京王バス新宿駅西口行、渋谷駅行「南台交差点」下車徒歩9分
・東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」2番出口徒歩5分、「中野富士見町駅」徒歩12分
・新宿駅西口から京王バス佼成会聖堂前行「南台図書館」下車徒歩5分、永福町行「広町住宅」下車徒歩1分

 

★この公園についてくわしくコチラ
★他の区民レポーターの記事もご覧ください
・中野に新しい公園ができるぅ〜!!広町みらい公園
★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。