桃園川緑道の三味線橋

桃園川は神田川の支流、東京都杉並区天沼弁天池公園の池などを源流として東へ流れ、中野区を大久保通りと並行して流れています。元々は小さいながらも自然の河川でしたが、1967年に全区間が暗渠(あんきょ)となり桃園川下水道幹線となりました。現在の暗渠上は桃園川緑道となっています。

紅葉山公園から下り、大久保通りを過ぎて桃園川緑道に入るとちょうど「三味線橋」にたどり着きます。昔はこの付近を歩くと、近くから三味線の音が聞こえてきたことが名前の由来です。

三味線橋に入ると由来の表示がありました。

三味線橋のそばには名前の由来が書かれた解説板があります

 

桃園川緑道 三味線橋
所在地 中野区中野2丁目5
アクセス JR中央線「中野駅」から徒歩20分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。