緑豊かな紅葉の定番スポット「紅葉山公園」

公園入口にある紅葉山公園の石碑

公園入口にある紅葉山公園の石碑

中野区の東京開都百年記念事業として建設された「紅葉山公園」。
大正時代からあるこの土地はもともと石森芳太郎氏の所有地で、当時から紅葉の大樹が数多く植え込まれており、「紅葉山」と呼ばれ四季折々の風情を伝えてきた歴史ある公園です。

秋には素晴らしい彩りを見せる、「紅葉山」に ふさわしい立派な紅葉の大樹があり、この森の大きさが分かります。 

紅葉を待つ、もみじの大樹が鬱蒼と茂っています。

紅葉(こうよう)を待つ、もみじの大樹が鬱蒼と茂っています。

公園の中には戦後二十年を機に作られた、平和を願う石碑があります。

鬱蒼とした森の中に佇む「平和の礎」

森の中に佇む「平和の礎」

「平和の礎」の横にある碑文。

「平和の礎」の横にある碑文。

「この樹木の名は?」と問いかけてくるパネル。

樹木の名前を覚えるきっかけになる仕掛けもあります。

パネルで隠れた部分に樹木の名前が書いてあり、クイズ形式で樹木の名前を覚える仕掛けになっています。

樹木の名前が記されたパネルが隠れていました。

 パネルをめくると樹木の名前が記されていました。

そして公園の奥にはSL機関車が展示されています。

公園の奥に設置されたSL機関車

公園の奥に展示されているSL機関車

昭和21年制作の「形式C-11」。113万kmを走破した機関車で石巻線で活躍していたそうです。

SL機関車の詳しい説明のパネル。

SL機関車の詳しい説明のパネル。

踏切を手前にした機関車の勇姿。今にも走り出しそうです。

踏切を手前にした機関車の勇姿。今にも走り出しそうです。

公園内には池もあり、高低差を利用した見どころがいっぱいの公園です。

階段を降りると石垣や池があり、この公園の奥深さを感じられます。

階段を降りると石垣や池があり、この公園の奥深さを感じられます。

階段の横にはもみじをモチーフにしたレリーフが配されています。

階段の横にはもみじをモチーフにしたレリーフが配されています。

中野区立 紅葉山公園
所在地 中野区中野2丁目5
アクセス JR中央線「中野駅」から徒歩15分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。