桃園川の暗渠(あんきょ)の上を歩く【西田橋-鳥見橋】

かつて、都内には多くの河川が流れていました。
ただその多くは近代化に至る人口増加や宅地増加等の様々な理由によって、その姿を消していきました。
中野区も例外ではなく、現在も区内を流れている神田川、善福寺川、妙正寺川、江古田川以外に支流を含め、多くの河川が存在しました。

その中でも昭和40年代初期に暗渠(あんきょ)化され、現在は緑道となり区民の散歩コースにもなっている桃園川に今回スポットを当てたいと思います。

桃園川の源流は、杉並区の天沼弁天社(現天沼弁天池公園)があった弁天池の湧水と言われています。
中野区では大久保通りを併走する形で流れ、新宿区の区界を流れる神田川に合流する河川でした。
戦後は区内の都市化が進むにつれ、大雨による浸水や水質汚染に寄る水害が多発した事によって、区民の要望もあり昭和40年代前半には暗渠(地下に埋設された状態)化されました。
緑道としては、昭和60年から平成6年にかけて整備され、現在に至ってます。

今回は中野区内でこの桃園川の暗渠(現桃園川緑道)の橋梁があった場所を中心に河川が流れていた痕跡や付近にある見所を紹介していきたいと思います。

また補足として、個人的に杉並区~中野区の流れを支流も含め橋梁があった場所がわかる範囲でまとめた地図もこちらに掲載しておきます。

桃園川水系橋梁予想地図(支流含)

※過去の資料は文献に寄って異なる記載が多く見受けられる事を予めご了承下さい。

【西田橋】
杉並区との区境にあった橋梁になります。
区によって緑道の整備の形が異なっており、ここを境にモニュメントや雰囲気も大きく変わります。
ここから2400m先の神田川合流地点までの距離がわかる様に一定距離でプレートが設置されています。
また緑道整備が完了した「昭和61年3月」と記載された竣功。
プレートも近くにあります。


 

 

西田橋(杉並区側)

竣功プレート

西田橋(中野区側)

距離プレート

 

西田橋の掲載資料
種別:木桁橋
位置:桃園町44、宮園通5-58
面積:54.02㎡
河川名:桃園川
中野区史(昭和19年)より

架設年度:昭和40年/1965年
橋長:4.20m
中野区橋梁長寿命化修繕計画(平成25年5月)より

架け替え:
昭和29年に架け替え
中野区報第101号(昭和30年1月1日)より 



【竹橋】
この橋は元々木橋だったのですが、下に記載がある様に昭和29年に架け替え工事が行われたそうです。
西田橋とほぼ同じ時期だったと思われます。








竹橋の掲載資料
種別:木桁橋
位置:桃園町48、宮園通5-48
面積:29.4㎡
河川名:桃園川
中野区史(昭和19年)より

架設年度:昭和39年/1964年
橋長:6.24m
中野区橋梁長寿命化修繕計画(平成25年5月)より

架け替え:
桃園町48~宮園通5-48先の桃園川に架かっている竹橋は、腐朽して通行が危険なため架け替え工事を実施。
7月中旬完成予定。
中野区報第95号(昭和29年7月5日)より

【鳥見橋】
名称の由来は、徳川8代将軍吉宗が鷹狩りをする地域の鳥の状態を確かめる為に鳥見役という役人が近くにいた事から付けられた名称と思われます。
古くはこの通りをお鳥見通りと呼ばれていたそうです。







鳥見橋の掲載資料

種別:木桁橋
位置:桃園町1、宮園町5-28
面積:24.18㎡
河川名:桃園川
中野区史(昭和19年)より

架設年度:昭和39年/1964年
橋長:6.00m
中野区橋梁長寿命化修繕計画(平成25年5月)より

この後も下流に向けて橋梁を引き続き紹介していきたいと思います。

参考文献・アプリ(リンク先:中野区立図書館デジタルアーカイブ)
『中野町誌』
『中野区史下巻2』
『中野区報』
『中野区橋梁長寿命化修繕計画』

『東京時層地図』

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。