【特集】秋本番!中野で紅葉を楽しもう!

秋になって涼しくなり、お出かけするのも気持ちいい季節となってきました。

そして秋といえば紅葉ですね。

11月も半ばを過ぎれば中野の自然もだんだん色づきはじめ、普段見慣れた景色でも目を楽しませてくれるようになります。

というわけで今回は紅葉を楽しめる中野区内のスポットをご紹介します。

 

哲学堂公園

 春は梅・桃・桜などのお花見のスポットとして地元で有名な哲学堂公園ですが、秋にはモミジやイチョウの紅葉が楽しめます。特に六賢台のあたりでは、モミジと建物の赤との調和が美しく絶好の撮影ポイントにもなっています。

哲学に思いを馳せつつ、紅葉を楽しみながら周る哲学堂公園は、春や夏に訪れた時とは違った風情を与えてくれます。

 ★哲学堂公園について詳しくはコチラ

 

中野四季の森公園(中野セントラルパーク)

中野駅から徒歩5分という立地にありながら、その名の通り中野の「四季」を見せてくれる「中野四季の森公園」。

もちろん秋の季節も私たちの目を楽しませてくれます。

公園内ではイチョウ、ケヤキ、サクラなどのさまざまな落葉樹が色づき、秋の澄んだ青空との調和がとても美しいです。

 また中野四季の森公園西側にある明治大学と帝京平成大学の境にはモミジの並木道もあり、ここは撮影スポットとしても人気があります。

★中野四季の森公園について詳しくはコチラ

 

紅葉山公園

紅葉山公園は中野区による東京百年記念事業の一環としてできた公園で、大正時代は私有地でモミジが多く植えられていたことから「紅葉山」と呼ばれており、それがそのまま公園名になりました。

その名の通り、整地された今でも公園の敷地の約半分はモミジが広がっていて、人気のモミジ紅葉スポットとなっています。

また公園内には人工ながらも滝・池などがあり、紅葉を楽しむ上で風情を感じられるのも嬉しいですよね。

★紅葉山公園について詳しくはコチラ

 

新井薬師公園

最後に紹介するのは新井薬師梅照院に隣接する「新井薬師公園」。

「中野通り桜まつり」のオープニング会場でもあり桜で有名なこの公園ですが、秋にはイチョウが鮮やかな黄色を魅せてくれます。

 梅照院にはモミジもあり、公園から歩いて黄色と赤のグラデーションを楽しむのもいいかもしれませんね。

★新井薬師公園について詳しくはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。