【特集】知ってますか!?中野の東京メトロ丸ノ内線の歴史

中野区内に「新中野駅」「中野富士見町駅」「中野新橋駅」「中野坂上駅」という4つの駅を有する東京メトロ丸ノ内線。今回は、中野区民の生活ときってもきれない関係性にある同路線の歴史を調べてみました。また、そんな丸ノ内線で巡れる中野区の観光スポットなどもご紹介していきます。

1961年(昭和36年)に試運転で新中野駅に入る300形車両。
写真提供:地下鉄博物館

東京メトロ丸ノ内線は1954年(昭和29年)に池袋-御茶ノ水駅間で開業します。その後も東京、銀座、霞ヶ関と延伸していき、1959年(昭和34年)には新宿に到達。では、どういった経緯で、ここから中野区のある西へと延伸していったのでしょうか? 東京メトロ広報部に伺ってみました。

―元々、当初の路線計画では新宿より西方面のルートは想定されていたのでしょうか? 

「1925年(大正14年)東京都市計画第4号線(内務省告示第56号)においては、大塚~新宿駅間を整備する予定と書かかれています。しかし、1944年(昭和19年)に車庫用地(現在の中野車両基地)を中野富士見町に確保できたため、変遷を経て1953年(昭和28年)東京都市計画第4号線(建設省第1400号)では、丸ノ内線のルートは板橋区向原町~中野富士見町駅間に改訂されました」

丸ノ内線の工事風景
写真提供:地下鉄博物館

丸ノ内線の工事風景。
写真提供:地下鉄博物館

延伸の背景には、人口増加に伴う東京都の都市交通事情もあったと言います。事実、1945年(昭和20年)には約348万人だった東京都の人口が1950年(昭和25年)には約627万人、1955年(昭和30年)には約803万人と驚くほどのペースで増加。輸送人員が昭和11年の4倍になったにも関わらず、都心方面への鉄道の輸送力は2倍程度しか増えていなかったそうです。

 

―では、中野坂上駅で丸ノ内線が荻窪方面と方南町方面に分岐する理由を教えてください

「東京郊外西方の人口増加により、国鉄(現JR)中央線の輸送力が飽和状態になっていました。同線の混雑緩和の必要性から、荻窪までの延伸と方南町付近から都心方面への利便性向上を図る目的から、1957年(昭和32年)東京都市計画4号線(建設省告示第835号)に基づき中野富士見町~方南町間も併せて整備することになったんです」

1961年(昭和36年)。中野坂上駅で行われた荻窪線の開通式。
写真提供:地下鉄博物館

―今後、延伸の計画などはあったりするのでしょうか?

「東京都市計画4号線の計画に基づいて整備を完了しており、現時点で延伸する予定はございません」

 

1960年(昭和35年)の中野車両基地建設風景。
写真提供:地下鉄博物館

―中野富士見町に車庫用地を確保できたことが、荻窪線の誕生につながった要因のひとつとのことですが、なぜ、この地を選んだのでしょうか?

「丸ノ内線の池袋~新宿駅間の開通による輸送力増強のための車両増備に伴い、既存の車両基地だけでは限界があると予想されたため、中野富士見町に車両基地用地として適切な広さが確保できたので車両基地を建設することにしたそうです。車両基地は1961年(昭和36年)2月から、銀座線および丸ノ内線車両の検査や修繕などを行っています」

現在の中野車両基地の様子

―丸ノ内線は2019年2月23日より、新型車両“丸ノ内線2000系”も順次導入されていますね。

「従来のメイン車両であった丸ノ内線02系を更新タイミングにあわせて順次置き換える予定です。安全・安心性への取組みにより新しい技術を多数搭載しているほか、車内の快適性および省エネルギー性の向上を図っています」

2019年にデビューした丸ノ内線2000系

―では、こちらの車両の特徴を教えてください。

「世界有数の大都市である“TOKYO”に活力を与えるインパクトのある形状や、四季に映える鮮やかなグローイング・スカーレット(Glowing Scarlet)を車体カラーに取り入れた斬新なデザインが特徴です。丸ノ内線の特徴から導き出したキーワード『地上』『活気』『先進的』をイメージしています」

 

―ありがとうございました!

この新型車両“丸ノ内線2000系”に乗って、ぜひ中野区へ遊びに来てください! 下記に「まるっと中野」で過去に紹介した中野区内の丸ノ内線の駅から行ける、おすすめの観光スポット、グルメ情報をまとめてみました。合わせてチェックしてみてくださいね。

新中野駅

【桃園川緑道】
桃園川緑道

桃園川緑道

約2.3kmの遊歩道。たくさんの樹木や植物が植えられており、一年中植物が楽しめる美しい緑道。遊歩道のタイル絵などは必見!
★桃園川緑道を通った観光モデルコースの記事はコチラ

【杉山公園】

かつての北海道開拓に携わった明治の実業家、杉山栽吉が自身の邸宅を寄付。幼児向けの遊具やベンチもあります。

★詳しくはコチラ

【CASA DE EDUARDO (カーサデエドゥアルド)】

「CASA DE EDUARDO (カーサデエドゥアルド)」。

南米の「チリ料理」を都内で唯一味わえるレストラン。

★詳しくはコチラ

【むさしの玉屋】

鍋屋横丁にちなんだお菓子「鍋横最中」が人気の和菓子屋さん。

★詳しくはコチラ

 

【PINの店(パンノミセ)】

フランス仕込みのレシピを使って作ったパンが人気のパン屋さん。

★詳しくはコチラ

 

中野坂上駅

【宝仙寺】

平安後期に建てられた真言宗豊山派 宝仙寺

昭和の初期まで中野町役場が、その後区役所が境内に置かれていた中野区屈指の広大な寺院。
★詳しくはコチラ

【成願寺】

成願寺の山門。

中野区在来の寺院で大名家(蓮池鍋島家)の墓所がある、唯一のお寺。中野長者ゆかりの地です。
★詳しくはコチラ

Giotto(ジオット)

中野坂上で本格ピザとエスプレッソを楽しめるおしゃれな空間。

★詳しくはコチラ

中野富士見町駅

【多田神社 】

多田神社の本殿。

源氏興隆の確固たる基礎を築いた、贈正一位鎮守府将軍多田満仲公を祭神とする神社。

★詳しくはコチラ


【神明氷川神社】

神明氷川神社の入り口。奥に本堂が。

境内に、お百度参りと深い関わりを持つ「百度石」があります。
★詳しくはコチラ

【広町みらい公園】

令和元年9月に誕生した、楽しく学べる公園「広町みらい公園」。

★詳しくはコチラ

【カフェタイム】

ホッと落ち着く憩いの空間で、ティータイム。

★詳しくはコチラ

 

中野新橋駅

【本五ふれあい公園】

多目的運動場と草地広場がある広い公園。防災設備も整えられています。
★詳しくはコチラ

【本郷氷川神社】

本郷氷川神社の境内。

本郷村と呼ばれていた地域の鎮守。一対の狛犬のうち阿形の狛犬は授乳をしている姿。
★詳しくはコチラ

【ジニアス】

ジニアスの外観。

50年以上の歴史を持つジャズ喫茶の老舗です。

★詳しくはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。