親子三体の地蔵尊が見守る「杉山公園」


北海道開拓にも携わった明治時代の実業家・杉山栽吉氏が、娘の病気療養のために当時の中野町に移り住みましたが、娘は明治41年(1908年)に25歳の若さで他界してしまいます。大正14年(1925年)にはご夫人が亡くなり、これを機に邸宅や土地を中野町に寄付。公園の一角に親子三体の「杉山地蔵尊」を彫った石碑が建立されました。昭和6年(1931年)に杉山氏が亡くなったとき、東京市により「杉山公園」として開園したのが始まりで、現在では中野区に移管されています。



中野の街を見守る、親子三体の「杉山地蔵尊」。


園内奥には、ブランコや砂場、すべり台が一緒になったカラフルな複合遊具があります。

 

杉山公園
所在地 中野区本町6-15
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「新中野」駅から徒歩1分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。