【平和の森公園→江古田の森公園】緑の“森森”森林浴コース

お天気の日に青空の下、緑を眺めながらのんびりお散歩するのはとっても気持ちがいいですよね!

今回は、西武新宿線「沼袋駅」から歩いて2つの大きな公園を巡る「緑の“森森”森林浴コース」をご紹介します。

【START】沼袋駅(南口)


西武新宿線沼袋駅南口を出ると目の前を通るのが「平和公園通り」です。駅を背に左へ進み、妙正寺川にかかる「新道橋」を渡ると、右手に「平和の森公園」が見えてきます。

↓徒歩2分

平和の森公園


「平和の森公園」は、旧中野刑務所跡地に開設された地下式下水処理場と公園が兼用している防災公園です。公園として整備される前の調査で、弥生時代を中心に縄文時代や古墳時代の住居跡や多数の土器が、この地から多数出土しました。現在、体育館など一部が改装工事中となっています。

★詳しくはコチラ

↓徒歩8分

百観音明治寺


「平和の森公園」を後にし、沼袋駅と踏切を越え商店街に入ると、近畿地方の西国三十三観音、関東一円の坂東三十三観音、秩父の三十四観音、合わせて百の観音さまの姿を石に写して祀った「百観音明治寺」に進む小道があります。奥に進むと「百観音」の由来となる大小合わせて180体以上もの観音石仏が並び、その見事な情景に圧倒されます。

★詳しくはコチラ

↓徒歩12分

江古田の森公園

新青梅街道を越え、武蔵野療園病院のある「下徳田橋交差点」を右に曲がり、総合東京病院A棟とB棟の間の交差点を左に進むと「江古田の森公園」が広がります。緑に囲まれた広大な敷地の中、日常を忘れて森林浴を楽しんでください。

★詳しくはコチラ

↓徒歩5分

えごたいえ


平和の森公園から江古田の森公園までの前半が終了。ずっと歩きっぱなしでそろそろおなかも空く頃でしょう。と言う訳で、テラスに面した食堂スペース「えごたいえ」でお食事&休憩はいかがでしょうか。開放的な空間でいただく美味しい定食やカフェ&スイーツで、お散歩の後半に備えて力を蓄えてください。

★詳しくはコチラ

↓徒歩2分

江古田氷川神社

森林浴を楽しんだところでお散歩再開。後半最初のスポットは、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る、落ち着いた雰囲気の「江古田氷川神社」です。境内には、区内に残されている数少ない江戸時代(1847年建立)の建造物「神楽殿」(中野区指定有形文化財)があります。

★詳しくはコチラ

↓徒歩18分

江古田公園(江古田古戦場跡・整地碑)

園内を流れる川により2つに分割されている「江古田公園」。公園の入り口には「江古田古戦場跡」の記念碑があり、公園のすぐ近くには「整地碑」が設置されています。

★詳しくはコチラ

↓徒歩13分

沼袋公園

妙正寺川沿いの住宅街の中にある、落ち着いた雰囲気の静かな「沼袋公園」。遊具や大きな広場もあり、紅葉の季節には園内に植えられているトウカエデやイチョウが見事に色づきます。

★詳しくはコチラ

↓徒歩5分

沼袋氷川神社



1942年に惜しくも枯れてしまいましたが、室町時代の武将・太田道灌が戦勝を祈願して献植した「道灌杉」をはじめ、幸せを呼ぶ「三本願い松」や、福をもたらす「中野七福神」、安産祈願の「子育て狛犬」などを「沼袋氷川神社」で見ることができます。

★詳しくはコチラ

↓徒歩2分

【GOAL】沼袋駅(北口)



大きな公園から住宅地の中にある小さな公園、神社やお寺に史跡など、さまざまなスポットを見て楽しむことができる今回のコース。気になるところがあったら横道にそれて、自分だけのコースを作るのもお散歩の楽しみのひとつです。

暑くなってきたので、こまめな水分補給と休憩はお忘れなく!

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。