思いっきり身体を動かそう!「平和の森公園」

300mトラックを含む約11,600㎡の「草地広場」

2020年10月1日の中野区立総合体育館「キリンレモンスポーツセンター 」のオープンによって園内リニューアルが終了した「平和の森公園」。もともとは中野刑務所があった跡地に開設された公園です。


約54,700平方メートルの広大な園内には「草地広場(300mトラック含む)」や「ジョギング・ウォーキングコース」「トリム遊具」「児童コーナー」の他に、「多目的運動広場」「バーベキューサイト」や「ドッグラン」といったコース・設備が用意されています。青空のもと思いっきり体を動かして、心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。



園内には3種のジョギング・ウォーキングコース(ウォーキング・ストレッチコース:520m、トレーニングコース:420m、ロングコース:1000m)があります。また、それぞれのコースの途中にはトリム遊具(ストレッチタイプ・トレーニングタイプ・全8種)が設置されているので、目的によって使い分け、より効果的なトレーニングを楽しむことができます。無理のない自分のペースで、各コースにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2つの棒の間に入り、両腕に負荷をかけながら肘を曲げたり足を上げたりする「平行棒」

ベンチに腰掛け、奥にお尻をつけたら、背面の湾曲している部分に合わせて両手を上げて伸びをする「背伸ばしベンチ」

膝を伸ばしたまま上半身を下に屈曲させる「前屈」

一番上のポールを掴んで足を離し、背骨を伸ばす「ぶら下がり」

台座に仰向けになり、両足を左側のポールに掛けて起き上がる「腹筋」

台座にうつ伏せになり、両足を左側のポールに掛けて反り上がる「上体反らし」

両足を肩幅に開き、上半身だけを左右にひねる「上体ひねり」

その場でジャンプして、頭上のプレートにタッチする「垂直跳び」

約6,900平方メートルの「多目的運動広場」



団体利用がないときには自由利用ルールに則って、周りの迷惑にならないよう譲り合っての一般利用が可能です。



併設する「ドッグラン」は、犬種に合わせて大型犬用と小型犬用に分かれており、利用ルールを守って自由に遊ばせることができます。

 

他にも「多目的運動広場」の周りには、子どもが楽しめる丸太モチーフの渡り棒やアスレチックや休憩にぴったりの「水辺の広場」なども設置されており、大人から子どもまでのびのびと身体を動かすことができます。

 

親子が一緒になって楽しそうに遊んでいる「児童コーナー」。ここは木製の複合遊具や砂場、休憩のテーブルセットなどがある小広場になっています。

「平和の森公園」は、しっかり運動するもよし、天気のいい日にはゆっくり日光浴するもよし、親子のレクシエーションとして活用するもよし、さまざまな用途で利用できる公園です。

 

360°VIEW

※画像を動かして360°視野でご覧いただくことが可能です。

 

平和の森公園
所在地 中野区新井3-37
アクセス 西武新宿線「沼袋駅」から徒歩3分

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。