樹齢約500年!れきみんの裏手にそびえる巨大な「醤油屋のしいの木」


歴史民俗資料館の土地を区に寄贈した山﨑氏が、かつて醤油の製造販売業を営んでいたことから「醤油屋のしいの木」と呼ばれ、多くの人に親しまれるようになりました。都内では珍しい、大きな樹齢約500年の古木です。


椎は中野区の「区の木」でもあり、中野区指定文化財にも指定されています。

 

「醤油屋のしいの木」がある庭園内は公開期間以外に入ることはできません。ですが、柵の外から木を見たり、写真を撮影することは可能です。この巨大さは一見の価値あり、是非その目で確かめてみてください!

※庭園の公開期間については歴史民俗資料館にお問い合わせください

 

醤油屋のしいの木(中野区立歴史民俗資料館 敷地内)
所在地 中野区江古田4-3-4
電話 03-3319-9221
アクセス 西武新宿線「沼袋駅」より徒歩8分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。