夏は木漏れ日、秋には美しいケヤキの紅葉を楽しめる「丸山塚公園」

西武新宿線「沼袋駅」から徒歩6分、新青梅街道沼袋交差点付近にある「丸山塚公園」。
園内には大きなケヤキの木が立ち並び、夏には涼しい木陰から木漏れ日を、秋には美しく色づいた紅葉を楽しめる公園です。



また砂場やブランコ、すべり台に鉄棒と子供達が遊ぶための設備も充実しており、大人から子供まで楽しめるようになっています。車椅子対応の水飲み場やトイレもあるので、のんびりと過ごしたい方にもぴったりです。

また、この公園内には「豊島二百柱社」が設置されています。
むかし文明9年(1477年)に、現在の江古田・沼袋周辺で扇谷上杉家の家宰・太田道灌と石神井城主・豊島泰経による大きな合戦がありました。かなりの激戦だったと伝えられており、以前はこの土地周辺に戦死者を弔う多数の“塚”が存在していたと言います。
豊島二百柱社はこれらの“塚”をまとめて供養するために建立されたものです。社の正面隣にはこのことについて書かれた石碑も建てられています。

 

丸山塚公園
所在地 中野区沼袋2-40
アクセス 西武新宿線「沼袋」駅から徒歩6分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。