大きな草地広場が広がる緑化公園「本二東郷やすらぎ公園」

約2年前の2018年に開園したばかりの「本二東郷やすらぎ公園」は総面積約4600㎡ととっても広く作られています。その広さは住宅街の緑化を目的としているほか、本町二、三丁目地区の災害直後における一時避難場所となる役割を持った頼れる公園です。

公園の中はいくつかのエリアに分かれており、まず目を引くのがメインである「草地広場(大)」!

約2500㎡もある芝生の広場は広々として気持ちの良い空間になっています。大小の木が植えられている他、大人のための健康遊具、休憩に使えるあずまや、時計塔などが設置されています。

その隣の「遊戯広場」には、子どもたちが楽しめるすべり台を始めとした複合遊具や幼児遊具などが並びます。

そのまた隣の端には「草地広場(小)」もあり、緑の息吹を感じることができます。

反対側には、花や木々が生い茂る中をちょっとした小散歩ができる小道「四季の散策路」も。

階段を上っていくと、高台が独立した小さな公園かのような「花と緑の小広場」となっています。

滑って遊べる「芝そり斜面」※写真は整備中

お子さんが滑って遊べる「芝そり斜面」は、取材当時は整備中でした。

そして、避難場所となるべく整備された本二東郷やすらぎ公園は、数々の防災設備も充実。

トイレに併設された「防災倉庫」には非常用物資の他、発電機なども収納されています。

水道が使えなくなった場合のための「防災井戸」。

トイレが使えなくなった場合のための「災害用マンホールトイレ」は8基。

園内各所には、「ソーラー園内灯」も6基設置されています。

避難所としても安心ですが、緑豊かな公園として、まずは天気の良い日に皆で遊びに来ることをお勧めします。

本二東郷やすらぎ公園
所在地 中野区本町2-12、14
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」から徒歩6分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。