目白通りに面した小さな公園「こぐま公園」

都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から目白通り沿いに歩いて3分、目白通りに面した総面積約361㎡の小さな公園が「こぐま公園」です。

1972年に設立されたこの公園は、以前は巨大な貝のような遊具が名物でした。老朽化により2020年に取り壊されましたが、2021年からは、小さいながらも貝の姿を受け継いだ遊具が新しくできました。

同時期にブランコもリニューアルされました。

藤棚とその下にあるL字型の砂場は当時のまま。春にはベンチで休みながら藤の花を見ている人もよく見かけます。

トイレや水飲み場も併設されており、近所の人たちの憩いの場所、子供の遊び場として愛されてる公園です。

 

こぐま公園
所在地 中野区江原町3-17
アクセス 都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から徒歩3分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。