卓球台の多さと凄腕コーチで人気の「SENATAKU(セナタク)」

「セナタク」へは1階のスーパー隣の階段を使って2階へ

西武新宿線「野方駅」北口から続く、北原通り商店街にある卓球場「セナタク」。駅から徒歩約4分の場所にあり、1階にはスーパー「まいばすけっと」があります。2008年に都立家政で店をオープンし、2012年に現在の地へ移転。15年近くに渡り、中野区の卓球人気を支えている卓球場の一つです。

2階へ上がるとドアが。中には卓球場が広がっています。

オーナーの瀬名さんによると「セナタク」は“個人経営のお店の中では、卓球台が比較的多く設置されているのが特徴”だそうです。今回の取材日には5台の卓球台が用意されていました。

広々としたスペースが魅力的

卓球台は1台30分単位でレンタルが可能(30分/500円・税込)。多球練習用のボールは使い放題で、ラケットの無料で貸し出しも実施中です(シューズは必ず持参)。そのため、仲間や家族と気軽に卓球をプレイしたい!という方にぴったりです。空き状況などは事前に電話などで確認しておきましょう。

卓球教室は、レベルに合わせたコーチングが魅力です。

また、レベルにあった卓球教室のコースも充実。「初級教室」はコーチと打ち合いながら正しい基礎が身につくので、一から習いたい方におすすめです。

ほかにも一人一人の要望に合わせた指導で、短期間での上達を目指す「オーダー教室」や「個人レッスン」、「幼児教室」や「ジュニア教室」などが用意されています。自分のレベルや目標に合わせてコースがチョイスできる点も嬉しいですよね。

教室に参加している方は、下は4歳から上は90歳代の方まで。まさに、卓球=生涯スポーツといえます。

室内には所属選手たちによる表彰状が。コーチの委嘱状も。

卓球教室では初心者の方でも入り込みやすい雰囲気作りを心がけているそうです。各教室の日程、予約などは公式ホームページをご確認ください。コースによっては予約が必要な場合もありますので、事前にホームページや電話でお問い合わせすると確実です。

 現在はコロナ禍で実施できていないそうですが、以前は、千駄ヶ谷にある東京体育館やキリンレモン スポーツセンター(中野区立総合体育館)を借りて、セナタクとしての卓球大会を定期的に行っていたそうです。

現在は卓球日本代表のU-12のコーチを務めている、オーナーの瀬名和彦さん。※撮影のためマスクを取っていただいています。

「セナタク」の人気の一つが、プロフェッショナルなコーチ陣です。オーナーの瀬名和彦さんは、東京都国公立高校卓球大会優勝の実績をもち、現在は卓球日本代表のU-12(12歳以下の日本代表)のコーチを務めています。日本代表のコーチに教えてもらえるなんて、スゴいことですよね! ほかにも実業団でプレイし、全日本社会人大会のダブルスで優勝経歴をも持つコーチもいるそうです。楽しみながら卓球が上達したい!と思っている方は、ぜひ足を運んでみてください。

 

卓球場SENATAKU
所在地 中野区野方6-13-6 ハニー野方ビル2階
アクセス 西武新宿線「野方駅」から徒歩4分
営業時間 8:00〜23:00(電話受付は9:00〜22:00)
定休日 無休
電話 03-3223-3166

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。