歴史のあるテニスコートや野球場を持つ「哲学堂運動施設」

園内にある全6面の人工芝のテニスコート。

1904年(明治37年)に、哲学者で東洋大学の創立者、故・井上円了博士によって、精神修養の場として創設された「哲学堂公園」。哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園として愛されています。園内にはテニスコート、野球場、弓道場が併設されており、運動施設としても多くの人が利用しています。

2020年に整備された、2面ある野球場。

運動施設の歴史は古く、始まりは大正時代とされています。1920年(大正9年)に行われたアントワープオリンピックで日本がテニス競技でメダルを獲得し、当時の日本はテニスブームに。そういった背景もあり哲学堂公園にもテニスコートが作られました。その後、1931年(昭和6年)には野球場も誕生。1944年(昭和19年)に哲学堂公園は東京都に寄贈され、戦後に都立公園として整備が行われ、現在の施設内容となったそうです。

グラウンドにはベンチやスコアボードなどもあります。

テニスコートは6面、野球場は2面あります。野球場は2020年に約1年がかりで整備され人工芝の球場として生まれ変わりました。テニスコート・野球場ともに照明施設も完備されており、最大で21時まで利用可能です。区民を中心に幅広い世代が利用し、昼間のテニスコートは主婦層やご年配の方、夕方以降は学生や社会人の方で常に賑わっています。

また、毎週水曜日の15:00~17:00(11月~2月は14:00~16:00)の間は、野球場は小・中学生に無料開放されています。

新青梅街道沿いにある弓道道。

区内では珍しい弓道場が設置された「哲学堂運動施設」。

弓道場は弓道のほか、軽体操や太極拳などの団体利用が可能です。詳しくは哲学堂公園事務所までお問い合わせください。

哲学堂運動施設の管理事務所。

テニスコートと野球場、弓道場の利用には会員登録が必要です。会員登録や抽選方法に関しては、詳しくは公式サイトをご確認ください。

運動でほてった身体を園内散策しながらクールダウンさせるのも通な楽しみかたです!

 

哲学堂運動施設
所在地 中野区松が丘1-34-28
電話 03-3951-2515
営業時間 (弓道場)9:00〜21:30、(庭球場・野球場)6:00〜21:00
※庭球場・野球場は季節によって営業時間が異なります。公式サイトをご確認ください。
アクセス 西武新宿線「新井薬師前駅」より徒歩約12分

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。