鷺ノ宮駅近く、名前に「白鷺」がつく公園を歩いてみました

区民レポーターのソルトです。鷺ノ宮駅近くでは、妙正寺川沿いを歩くことが好きです。今回は「白鷺」と名前のついた公園のうち3つ(白鷺公園、白鷺ふれあい公園、白鷺ネムノキ公園)をご紹介します。

実はもうひとつ、若宮や大和町に隣接する妙正寺川沿いに、2015年にできた「白鷺せせらぎ公園」もありますが、とても大きな公園であることと、そのすぐ近くだけでも別の公園が4つあるため(みはと公園、西大和公園、わかさぎ公園、鷺南(ろなん)公園)、また別の機会でご紹介したいと思います。

さて、鷺ノ宮の駅に近い順からご紹介します。

白鷺公園

中杉通りを南下し、白鷺郵便局の先にある五差路を渡ります。右手側に時間貸しのパーキングがありますので、その路地を右折してすぐ隣です。近づいてみて初めて公園だとわかる、住宅街に溶けこんだ佇まい。周辺の住宅や建物との距離感から、おそらくはどなたかのお屋敷跡かもしれませんが、来歴については資料が検索できませんでした。設立は1989年です。

白鷺公園(入り口)

周辺の建物のあいだにある、こぢんまりとした公園です。

白鷺公園(園内)

木陰が、涼しさと癒やしをもたらしてくれます。

白鷺公園(園内)

奥にはベンチがあります。
★白鷺公園について詳しくはコチラ

白鷺ふれあい公園

こちらも中杉通りからすぐです。上述の白鷺公園のある路地で曲がらず、その1ブロック先にヘアカットのお店がありますので、それを右折すればたどり着けます。

変わった形の遊具があるということで話題になる公園ですが、それだけではなく、風情のある石灯籠が据えられた池があります。池は、たまたまかどうかは不明ですが、訪問時に水はありませんでした。

広々としていて、家族連れにも人気です。設立は2003年。

白鷺ふれあい公園(入り口)

白鷺ふれあい公園(園内)

広々としています。

白鷺ふれあい公園(園内)

見慣れない形の遊具があります。

白鷺ふれあい公園(園内)

入り口近くの光景です。

白鷺ふれあい公園(園内)

入り口から左手側に見える池と、石灯籠です。ここは木陰になっていますので、暑い日の日差しをよけるのにも最適。
★白鷺ふれあい公園について詳しくはコチラ

白鷺ネムノキ公園

 この公園は、鷺ノ宮の駅から中杉通りを南下して、左手側に若宮方向へ少し歩いたところにあります。上述の白鷺ふれあい公園方向に右折するよりも1ブロック南下し、左手側にバスのロータリーが見えるところで、左折。その道をずっと歩くと、数分後に目にはいります。設立は1997年。

白鷺ネムノキ公園(入り口)

この公園は看板のある入り口がふたつあり、こちらは石でできています。周囲が坂になっているため、もうひとつの入り口からは、階段を上がって公園にはいります。

白鷺ネムノキ公園(園内)

写真右手側にベンチ、樹がある中央部分には、大きめの岩が3つほどありました。公園や岩の由来はとくに書かれていませんでしたが、昔のお屋敷にあったような、堂々とした風格のものでした。

白鷺ネムノキ公園(園内)

こちらにも、奥に長椅子が見えます。

こちらは遊具はなく、ご近所のみなさんが足を休めるのに適した小規模な公園です。ちょっとしたお散歩に、お越しになってみてはいかがでしょうか。

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。