昔ながらの宮造り「天神湯」

唐破風の屋根が特徴の路地裏の老舗銭湯「天神湯」

中野駅北口を出て右の路地を線路沿いに行き、徒歩7分。閑静な住宅街の中に佇む、立派な唐破風の屋根が素敵な「天神湯」は、中野でも老舗の銭湯です。建物は築60年、お風呂はシンプルで今では珍しい番台も健在でまさに昔ながらの銭湯といったところ。建物内の天井はとても高いため湿気がこもりにくく、天井近くの天窓の開閉で湿度や温度の調整もしやすい造りになっています。地下120メートルある井戸から組み上げた水をたっぷり使った湯船につかると、浴場の壁には2018年の暮れに日本ではもう数人しかいないという銭湯絵師によって描かれたばかりという、河口湖から望む雄大な富士山が。脱衣所から見える中庭は小さいながらもきれいな和風造りで池には鯉が泳いでいました。ほっとひと息、和みのひとときをすごしてみてはいかがでしょうか?

懐かしい昔ながらのつくりです

和風の中庭にぴったりな錦鯉たちが元気に泳いでます

 

天神湯
所在地 中野区中野5-10-10
アクセス JR中央線「中野」駅北口徒歩7分
営業時間  15:45〜23:00(月曜・木曜定休日、祝日は営業)
電話 03-3387-2657