【西武新宿線沼袋駅エリア】パワースポットと銭湯を巡る癒しツアー

*この記事は授業の一環で学生が作成したものです。
This article was written by students as a part of their course activity.
■この記事の英語版はコチラ [click here for the English translation.]
■この記事の中国語版はコチラ [这篇文章的中文版在这里]

 

明治大学国際日本学部佐藤ゼミのチームBearsです。今年の夏もジメジメした暑さが続き、皆様お疲れがたまっていることと思います。今回はそんな皆様に中野区沼袋エリアのパワースポットと銭湯を巡る癒しツアーをご紹介いたします!神聖な場所でパワーを頂き、静かな場所で一息ついてみませんか?

【START】1. 西武新宿線「沼袋駅」

癒しツアーの始まりです!

西武新宿線「沼袋駅」からスタートです!駅周辺は昔ながらの下町を感じさせる雰囲気。

2. 中野沼袋氷川神社

「沼袋駅」北口から徒歩2分。
立派な鳥居が見えてきました。最初に紹介するのは中野沼袋氷川神社です。

大きな鳥居が目印。鳥居は電車からも確認できます。

こちらには、厄除け・疫病除けにご利益があるとされる須佐之男命(スサノオノミコト)が祀られています。
境内には、御神木の「三本願い松」がそびえたっており、幸せを呼ぶと信じられてきました。
また、境内の「子育て狛犬」を3回撫でると、安産や子育てにご利益があるとされているそうです!

鳥居から階段を上ると立派な社殿がお出迎えしてくれます。

3. 百観音明治寺

さらに、氷川神社から北西へ歩いていくと、百観音明治寺が見えてきます。

沼袋駅からそう遠くはないのに、とても静かで落ち着ける空間。


明治寺には、観音様のお姿を石に刻んだ「写し霊場」が多くあります。
現在でもおよそ180体の観音石仏があり、百観音明治寺は平成26年に中野区認定観光資源に認定されました。

沢山の観音石仏が所狭しと並ぶ景観は圧巻の一言。

※観音庭内での写真の撮影は本来禁止されておりますが、特別に許可を得て撮影しています。

4. 一の湯

パワースポットで英気を養ったあとは銭湯で汗を流して癒されましょう!百観音明治寺から「沼袋駅」方面に少し歩いたところに、二階建ての大きな造りの一の湯があります。平日でも、入口には常連さんたちが列になって開店を待っているほどの盛況ぶりです。

大きな「一の湯」の文字が目印。

入口を入ると、お城のような立派な屋根がお出迎えしてくれます。外観からはなかなか想像できない造りに驚くこと間違いなしです!

がっしりとした破風(はふ)が威厳を感じさせます。


立派な屋根をくぐると中はすぐ男湯と女湯に分かれています。脱衣所はとても広く、片隅にはお客さんがお風呂道具を置いておくスペースも用意されています。

壁一面にずらりと並ぶお風呂道具。

脱衣所にはこのほかにもマッサージチェアや漫画を置いているスペースなどもあり、とても充実した空間となっています。これは女将さんの、脱衣所を人と人との交流の場として大事にしている心からきているそうです。

浴場に入ると一の湯最大の見どころである見事なタイル絵が眼前に広がります。

こんなに精巧なタイル絵を見られるのは一の湯だけ!?

細かいタイルが組み合わされて鶴と富士山が壁一面に描かれています。富士山は男湯と女湯にまたがって描かれているため「またぎ富士」と呼ばれているそうです。

浴場で汚れを落としたら、岩風呂も堪能してみてはいかがでしょうか?(岩風呂は男湯のみ設置されています。)

ゆったりとした岩風呂。落ち着いた雰囲気に癒されます。

人情あふれる一の湯で身も心もリラックスできること間違いなしです!

【GOAL】5. 西武新宿線「沼袋駅」

西武新宿線「沼袋駅」に戻ってきてゴールです。今回紹介したスポットにはまだまだ魅力がたっぷりあります!皆さんが疲れを感じたら、どうぞ沼袋でゆっくり癒されてみませんか?

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。