広々として静けさを味わえる沼袋氷川神社

西武新宿線沼袋駅の東にある沼袋氷川神社。

沼袋氷川神社鳥居

沼袋駅の北口から徒歩約3分で行けるパワースポットとして、有名です。明るく、晴れやかでお祝い事が似合いそうな雰囲気。緑いっぱいの木々に囲まれた、清らかな空気と静けさを味わえる神社です。

沼袋氷川神社は南北朝時代、後村上天皇の正平年間の頃(1346~1370年)に武蔵国の一の宮である氷川大社(現在の埼玉県さいたま市鎮座)より須佐之男命(スサノオノミコト)の分霊を奉祀したことで始まりました。

道灌杉の跡

境内には太田道灌ゆかりの「道灌杉」をはじめ、御神木として祀られている「三本願い松」や、昔のお祭りで力くらべに使った「力石」や3回撫でると安産のご利益があると伝わる「子育て狛犬」などがあります。

三本願い松

力石

子育て狛犬

さらに、この神社で有名なのが福の神が一堂に会した「中野七福神」です。境内の一角に七福神の像が全て置かれており、ここの神社だけで七福神巡りができます。

沼袋氷川神社で一堂に会する中野七福神

カラフルな中野七福神の御朱印も頂けます。中野区内では七福神の礼拝ができるのは唯一沼袋氷川神社だけであり、遠方から足を運ぶ人も多いようです。

中野七福神が描かれたカラフルな御朱印

他にも、商売繁盛や厄除け、方位除け、開運、安産祈願など、予約なしで随時ご祈祷もできます。

ベンチが置かれた小さな広場

参道の階段を上がったところにはベンチが置かれた小さな広場となっており、竹の垣根に囲まれた落ち着いた休憩スペースになっています。

年間行事

沼袋氷川神社では、年間を通じて季節ごとのお祭りや様々な催し物が開かれています。成人祭りや節分祭りといった定番のものから、4,000人の人でにぎわう夏祭りまで。お祭りが開催される日は境内が大勢の参加者で賑わいます。
2019年の沼袋氷川神社例大祭について詳しくはコチラ

他にも年に2回、6月と12月には大祓という家内安全・無病息災を願う神事も行われています。
年間行事についての詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

 

沼袋氷川神社
所在地    中野区沼袋1-31-4
アクセス   西武新宿線「沼袋」駅から徒歩3分
電話     03-3386-5566
開門時間   午前6時~午後7時
駐車場    有(25台)
★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。