鎮座950年を超えた「鷺宮八幡神社」

鷺宮八幡神社の鳥居と本殿。

西武新宿線の鷺ノ宮駅からも近く、地名の由来にもなったことから地元の守り神のような存在として地域の方から愛されている神社です。気軽に立ち寄って、参拝することができます。

創建は康平7年(1064年)。源頼義(998年〜1075年)は前九年の役で奥州の豪族である安倍氏を滅ぼした後、鎌倉街道に面した当地に社殿を建立。八幡神の御神霊を奉祀し、戦勝を感謝し源氏の隆昌を祈願したことがはじまりとされています。また、境内に鷺が多く生息していたことから“鷺宮大明神”と称され、これが地名の起因となったと伝えられています。慶安2年(1648年)以降は江戸幕府より御朱印7石余を寄進されており、中野区においては朱印を付与された唯一の神社で崇拝厚き古社としても名高い神社です。2014年(平成26年)には、鎮座950年を迎えています。

地元の方から愛されている鷺宮八幡宮の本殿

戦後の1950年(昭和25年)年に、国有地となっていた境内1,049坪の譲与を受け、1960年(昭和35年)年に本殿および幣殿・拝殿を改築。1988年(昭和63年)に社殿改修などが行われ現在に至っています。

境内にある六社の合祀殿。

本殿の左手には、稲荷神社(宇迦之御魂命)・御嶽神社(櫛眞知命)・八雲須賀神社(須佐之男命)・北野天満神社(菅原道真公)・粟島神社(少彦名命)・疱瘡神社(大己貴命)の六社の合祀殿が。また、右手奥には稲荷神社(宇迦之御魂命)と御嶽神社(国常立神・大己貴命・櫛眞知命・少彦名命)も置かれています。

健康と長寿を祈願し奉納された力石。

また、近辺の力自慢の村人が、名を刻み健康と長寿を祈願し奉納した力石も見どころの一つです。

 

年中行事

祭例日(8月後半の土日)

★2020年の初詣についての情報はコチラ

 

鷺宮八幡神社
所在地 東京都中野区白鷺1-31-10
アクセス 西武新宿線「鷺ノ宮駅」から徒歩2分
電話 03-3338-8536

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。