仏教哲学者・井上円了の墓所がある「蓮華寺」


「蓮華寺」は、池上本門寺、妙本寺、両山4世の日山上人が、室町時代(南北朝時代)に橘樹郡星川村(現在の横浜市保土ヶ谷区星川)に開山。その後、江戸時代に日匡上人がこの地へ移転させたと言われる日蓮宗の寺院です。 ご本尊は日朗上人の作とされる日蓮座像。境内には立派な鐘楼や懺悔堂があり、墓地には哲学館(現・東洋大学)を創立し、哲学堂公園を創設した井上円了のお墓もあります。


鐘楼


懺悔堂



 井上円了の墓所。井桁の上に円形の石をおいて井上円了の名前を表現。墓石のデザインは円了の生前の発意と言われています。




境内には数多くの石碑やお地蔵様、お百度石などが安置されています。
また「浄行菩薩」の敷砂利の下は水琴窟(すいきんくつ)になっており、お参りするときに水をかけると、かすか響く水の音色を楽しむことができます。

他にも、昔関東地方に天災地変が起こるたび、「身代わり清正公」と称して災難調伏の祈願をされたと言われている、像の腹の中に小さな同型の像が納めてある「お腹こもり清正公」や、約7万人の女性から3本づつ提供された生髪を植え付けた「生髪鬼子母神(なまがみきしもじん)像」もあります。

 

蓮華寺
所在地 中野区江古田1-6-4
電話 03-5982-0011
アクセス 西武新宿線 「新井薬師前駅」より徒歩15分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。