清らかな池には錦鯉。「桜ヶ池不動尊」

「桜ヶ池不動尊」は創建年代などは不詳ですが、その昔この辺りには豊かな清水が湧出し、いつの頃からか大きな椿のもとに小さな祠があり、不動様が祀られていたそうです。

村人は、お不動様の清水、桜ヶ池の不動様と称し、これらを大事に守ってきました。

上高田には江戸時代中期享保の中頃より、榛名、大山、武州御嶽、三峯の4つの講があり、講中の代参者は、ここ桜ヶ池で禊(みそぎ)を行い清めたといいます。

※講…同じ信仰を持つ人々の集まりのこと

不動院建立記念碑

昭和62年(1987年)には、桜ヶ池不動尊の永代護持を付託して近所にある東光寺に一切を寄進。今は東光寺の別院となっています。

現在も豊かな清水が湧出している桜ヶ池。澄んだ水には、錦鯉が優雅に泳いでいるのを見ることができます。

 

桜ヶ池不動尊
所在地 中野区上高田4-32-3
アクセス 西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩7分

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。