なべよこ愛が溢れる!身体にやさしいマフィン屋さん「NY Muffin Vegi」

看板

新中野駅の鍋屋横丁(通称なべよこ)周辺は、個性的だけど気取らないお店がギュッと詰まっています。
住んでいて居心地のよい場所です。

そんななべよこに2016年にできたオシャレな雰囲気のマフィン屋さんが「NY Muffin Vegi」さんです。見た目も名前もオシャレだなー、と思ってお店のウェブサイトを見てみると「NY Muffin」とは「Nabe Yoko Muffin」の事のようです。ニューヨークではなくなべよこ…店長さんのなべよこへのこだわりを感じる…気になる!ということでお話を伺ってきました。

外観

商店街から一本入った道にあります。元中華料理屋さんのレトロな建物。

看板

マフィンのシルエットがかわいい看板!

とっても気さくな店長のYumiさんは自分で何かを作ることが大好きな方。お料理を勉強しながら自分のお店の構想を練っていたところ、「毎日作っても飽きないお菓子」ということでマフィンにたどり着いたそう。そして10年以上住んで愛着のあったなべよこにちなみ商品に「なべよこマフィン」と名付け、後に「NY Muffin Vegi」という店名が決まったそうです。

店内

お店の中はとってもおしゃれな空間!マフィンが焼けるいい匂いがしました。

こちらのお店のマフィンは植物性の材料のみを使ったヴィーガンマフィンです。できる限り自然栽培のものを使用とのこと。小麦は4種類の「古代小麦」を使い分けています。

※古代小麦とは、約1万年〜5000年前から栽培されていた小麦の原種の総称です。グルテンアレルギーを引き起こしている、品種改良された現代の小麦の代替品として注目されています。古代小麦は味わい深く滋養があり、高たんぱくでミネラルも豊富、消化も良いとされています。(お店の公式サイトより引用)

マフィン

綺麗に並べられたマフィン達。

メニューは季節によって様々に変わります。取材時(2019年7月)のメニューをご紹介します。

カムットマフィン

プレーンタイプの「カムットマフィン(400円/税込)」カムットとは古代小麦の一種。小麦の風味がしっかりと感じられます。

病み上がりで食欲が落ちていた1歳の息子も美味しそうに勢いよく食べていました!(小さなお子さんが召し上がる際には予めアレルギーなどをご確認ください)

バナナクランブル

人気の「バナナクランブル(432円/税込)」バナナの甘さと香りがフルーティーです。

ブルーベリーレモンポピーシード

「ブルーベリーレモンポピーシード(432円/税込)」甘酸っぱさとプチプチ食感が楽しいです。

ちなみにマフィンは1ヶ月ほど冷凍庫で保存できます。解凍後もとても美味しく頂けます。

身体にやさしい素材でできているので、お子さん連れのママ達に好評とのこと。

小上がり席

お店の奥には靴を脱いで上がれる席があり、子連れでお茶がしやすそう。

店内にはマフィンの他にも調味料やお野菜など、店長さんの選んだこだわりの品が並べられています。

店内の商品

店長さんの「大好きなもの」が沢山!

そして密かなとっておきは…フリーペーパー「鍋横周辺お散歩マップ2019年版」です!

鍋屋横丁周辺マップ

隅々まで読みたい方は、お店へ!

なんとこちら、店長さんの手づくりだそうです。いろんなお店のおすすめメニューなどがびっしり。かわいいイラスト入りで見ているだけで楽しくなります。こちらのマップはお持ち帰りOKです!店内にも貼られています。

店長さんは下町情緒のある鍋屋横丁にとても愛着を持っていて、若い人たちも一緒にもっと盛り上げていきたいと思っているそう。
なべよこにおなじみの方も初めての方も、是非「NY Muffin Vegi」さんに立ち寄ってマフィンを味わいつつなべよこトークを楽しんでいただきたいです。

NY Muffin Vegi
住所 中野区本町4-29-3
営業日 火、水、土曜日
営業時間 12:00~18:00 
(営業日時については、Twitterやお店入り口の掲示をご確認ください)
・公式サイトはコチラ
・Twitterはコチラ
・Facebookはコチラ
・Instagramはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。