贈り物にオススメ!フワッフワのどら焼き「奉献菓舗 鳳月堂(ほうげつどう)」

お世話になっている方や、親しい方への贈り物って、悩みますよね。甘いものが好きな方であれば、おいしくて見た目も上品な和菓子はいかがでしょうか?
今回ご紹介するのは贈り物にオススメしたい、新中野駅前の鍋屋横丁にある和菓子屋さん「鳳月堂(ほうげつどう)」さんです。

外観

鍋屋横丁の中程にあります。

昭和8年創業の老舗です。

現在3代目の「鳳月堂」さん、創業の地も鍋屋横丁です。初めは青梅街道沿いに建っていたそうで、その後今の場所に移り、長年にわたり鍋屋横丁の歴史を見守ってきました。

店内

店内。木の看板が歴史を感じます。

看板

店内にもう一つ看板が。赤坂にもお店があり、そこに掲げられていたものだそう。

今回の取材では、取締役の須藤晴美さんにお店のことや商店街のことを色々お話しいただきました。私は街の歴史を知ることが大好きなので優しく教えていただき嬉しかったです。
ちなみに「鳳月堂」さん、1964年の鍋屋横丁周辺を舞台にした小説『地下鉄(メトロ)に乗って』に登場する和菓子屋さんのモデルかも?、ということで雑誌に掲載されたこともあります。

雑誌の記事

実際の記事が店内に飾られています。

 

地元で愛されている、フワッフワの食感のどら焼き!

創業以来の手作りの味を引き継いでいるどら焼き「三笠(210円/税抜き)」
どら焼きの有名店で修行し会得した味を、更に改良しているのだとか。

どら焼き

金の鳳凰が描かれた包み紙が上品な雰囲気。

特徴はフワッフワの皮!こんなにふっくらとしたどら焼き、私は初めてだったので驚きでした。

どら焼き

見た目もボリューミーで贈り物に喜ばれること間違いなしです。

東京のお土産は山ほどありますが、「地元ならでは」のものを求めるお客さんに愛用されているそうです。法事やお中元、お歳暮用へのご指名も多いのだとか。
お手頃なお値段なので普段のおやつとしても楽しめるのですが、人気があるため夕方には売り切れてしまっていることも。筆者も買えなかった事があるのですが、その時は別のメニューを味わうことができました。

あんずパイ包装

ギリギリで買えた、「あんずパイ(250円/税抜き)」。

あんずパイ

しっとりしたパイ生地とあんずジャムが上品な甘さ。

その他、季節のメニューやお祝い用のメニューなど販売されています。

老舗和菓子屋さんでしみじみ感じる、鍋屋横丁の魅力

鍋屋横丁には他にもおいしいお菓子のお店がいくつもあり、それぞれがこだわりの味を作り続けていることで商店街が盛り上がっていると感じます。客の私たちもお買い物の楽しみが尽きません。鍋屋横丁はこれからも個性的なお店たちが並ぶ魅力的な商店街であって欲しい…と願っています。

老舗の「鳳月堂」さんも、周りのお店と協力して新しい時代にも活気ある商店街をつくっていきたいと考えているそうです。みなさんもおいしいお菓子を買いに、商店街のお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。


奉献菓舗 鳳月堂
住所 中野区本町4-31-10 アンサンブル新中野1F
電話番号 03-3384-0466
メール hogetsudoh@gmail.com
営業時間 9:30〜19:00
定休日 木曜日
★このお店のHPはコチラ
★このお店のTwitterはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。