【特集】中野の時計屋さん

中野区を「アニメ・サブカル」だけの街って決めつけていませんか?

いえいえ、そんなことはないんです!

「アニメ・サブカル」のイメージは近年になってからのことで、ファンの間では古くから「時計の聖地」として親しまれているのが、ここ中野区なのです。

都内の他地域に比べて時計屋さんが多く、全国からこの地を目指して、または海外から大勢の時計好きが集まっています。

時計は世界的に見るとホビーのジャンルではメインカルチャーであり、その機能性や美しさなどで魅了し続けてきた王道中の王道。

そこで今回は、編集部がピックアップした新規店舗から中野時計カルチャーの礎を築いた老舗まで4店舗をご紹介します。

 

サンモール商店街の青いお店「TWC」

中野駅北口を出てサンモール商店街に入り、ブロードウェイ方面へ5分ほど進んだ右手にある、青い外観が目印の「TWC(The Watch Company)」。2017年2月に満を持してオープンしたこの店舗は、品揃えも豊富で、店内に入ると、ロレックスを始め、ショパールやカルティエ、オメガ、チュードル、ヴァシュロン、オーデマピゲ、パテックフィリップ、パネライなど有名ブランドが飾られており、見る人の意識を盛り上げてくれます。

★詳しくはコチラ

 

ロレックスの純正パーツが豊富な「Good Watch」

中野駅北口からサンモール商店街を抜けてブロードウェイに入り、エスカレーターで3階に上がってエレベーター通りを奥へ進むと、左手角地に店舗を構える「Good Watch」が見えてきます。2013年にオープンしたお店には、ロレックス80年代のネオアンティーク時計を始め、普通の時計屋さんではあまり見ることが少ない文字盤やベゼル、ベルトなどの各種バリエーションに富んだロレックス純正パーツ類が豊富に並んでいます。お手持ちのロレックスでお困りの場合は、ぜひお店を訪ねてみてください。

★詳しくはコチラ

 

時計激戦区・中野ブロードウェイ二大巨頭のひとつ「かめ吉」

ブロードウェイ1階の3階直通エスカレーターで3階へ上がり、道なりにブロードウェイ通りを進むと、右手に“まじめなとけいや”の店頭幕が目印の「かめ吉」が見えてきます。1998年にブロードウェイ2階で3坪のお店からスタートした「かめ吉」。和を基調とした店内には、ロレックスを始め海外の高級ブランドが常時3000本以上展示されています。お店のスタッフさんも全員気さくで、購入以外の時計談義に訪れるお店自体のファンも多いとのこと。買う前に一度相談してみることをお勧めします!

★詳しくはコチラ

 

中野ブロードウェイで創業32年の大看板「ジャックロード JackRoad」

ブロードウェイ1階の3階直通エスカレーターで3階へ上がったらすぐ右へ曲がり、突き当りの左右両角地を含め一帯に店舗を構えているのが「ジャックロード」と「ベティーロード」。1987年の創業当初は、欧米のビンテージ家具や雑貨、そしてアンティーク時計を扱うお店としてオープンしたが、今では有名ブランド腕時計を常時5000本以上(一点もののアンティーク時計1500本を含む)という在庫数、品揃えを誇り、併設する姉妹店の「ベティーロード」では、レディース腕時計やジュエリーを専門で取り扱っています。この圧倒されるほどの豊富な展示数は一見の価値ありです。

★詳しくはコチラ

 

お店に行くだけでも楽しい!

いかがでしたか?中野区の時計屋さん特集。

中野区には、今回ご紹介した4店舗以外にも個性的なお店がまだまだあります。

購入はもちろんのこと、店舗スタッフさんとお話しするのも楽しいでしょう。時計の聖地という土地柄、お店の方も他店と比べられるのにも慣れています。なので、いっぱいお店を巡ってお気に入りの1本を探してください。中野に来たらそれがきっと見つかるはずです!

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。