ロレックスのパーツで困ったら「Good Watch」

ブロードウェイの入り口近くにあるエスカレーターで3階に上がり、エレベーター通りを奥へ進むと左手角地に見えてくる「Good Watch」。お店のオープンは2013年。競合ひしめき合うこの建物の中で、パーツに特化することにより他店にはないサービスを提供しており、ロレックスファンにはなくてはならない存在になっています。

Good Watch 店舗入り口のショウケース

もちろんロレックス80年代を始めネオアンティークと呼ばれる時計も多数並んでいますが、何と言っても目に飛び込んでくるのは、普通の時計屋さんではあまり見ることが少ない単体の文字盤やベゼル、ベルトなどの各種バリエーションに富んだロレックス純正パーツ類です。

アンティーク商品も取り扱っています

中古で購入した時やロレックス純正のリペアに出した際、時計の古いパーツが全部新しいパーツに交換されてしまったという話をよく聞きます。それをされると時計の味もなくなってしまうし、ベルトや文字盤の年代も違ってしまい、もう自分の時計ではなくなってしまったかのような思いになってしまいます。

豊富なロレックス純正パーツ類

そんな思いを解決できるのが、ここ「Good Watch」です。もちろん交換される前のオリジナルでついていたパーツではありませんが、発売当時の他の時計についていたパーツを移植する。これでパーツの年代のちぐはぐは解消されます。お手持ちのロレックスでお困りの場合はぜひ訪ねてみてください。

 

「Good Watch」店主の山田 洋さん

そんな「Good Watch」店主の山田 洋さんに、お店の売れ筋と特徴についてお伺いすると、「時計自体もそうなんですけど、やはり見てわかるようにロレックス純正のベルトとベゼル、文字盤などのパーツ類ですね。この品揃えには自信があります」とのこと。

年代物ロレックスの部品たち

ロレックスGMTマスターの各種ベゼル。お探しの品に出会えるかも!

 

もちろんパーツだけではなく80年代ネオアンティークのデイトナも!

 山田さんに店舗を中野に出した経緯をお伺いすると、「全てはジャックロードさんですね。時計屋をやるなら絶対ここだと思って始めました。3階だから意味があるんです。3階じゃなかったらやってなかったかもしれません」とのこと。 

また、これから中野に来られる方にひと言をお願いすると、「ブロードウェイ中にはこれだけの時計屋さんが集まっているので、建物の中をひと回りすれば大体の相場が分かります。でも他の地域に行くとそうはいかない。目的のお店に行ってこの値段ですって言われると、もう買うか買わないかしかないんです。でもここの場合、色々なお店の価格を参考にできるんです。ちょっと値段を聞いて他のお店行ってみようとか。それがお店にも刺激になるし、お客さまにとっても良い環境だと思います。だからいろんなお店を回ってください。1日で色んなお店を回れるところはここ以外ありません」とブロードウェイならではの楽しみ方を存分に味わってほしいとアドバイスを頂きました。

 

Good Watch
所在地 東京都中野区中野5-52-15-340 中野ブロードウェイ3F
アクセス JR中央線「中野駅」北口より徒歩5分
営業時間 13:00〜20:00(日曜定休)
TEL/ FAX:03-5942-7816

★このお店の公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事公開当時のものです。