日常を豊かに彩るOn Flowers

JR中央線東中野駅から山手通りを新宿方面へ向かう無機質な建物群の中、ひときわ目を惹かれる場所があります。カフェも併設されたお花屋さんOn Flowersさんです。
特段派手なお花が軒並み顔を揃えている訳ではなく、どちらかというと小花や草木が芯を持ってそこに佇んでいるといったイメージでしょうか?その存在感、意志の強さに、ググっと心を掴まれてしまいました。
それが植物に本来備わっているものだからなどと侮っていたら、いえいえ、そんな植物たちの力を遺憾なく発揮させるべく素敵な方々がいらっしゃいました。

無造作感が計算されたかのように洗練された店内。

カフェ大好きな私はお店に入った瞬間からワクワクが止まりません。空間全体隅々まで抜かりなく愛を持って丁寧に作られているのが容易に感じ取れるからです。これはもちろんお客様の為にというのもありますが、それ以前に暮らすということをとても大切にされている方々だからこそできる空間作りなのです。

植物がカフェスペースを素敵に演出。

お席から眺める景色がまたこの上なく素晴らしい!!単なるお花を売る店ではないのは明らか。アートとして草花が演出され身も心もすっかり癒してくれます。

アートとして存在する草花。スポットライトを浴びた女優のように植物自身にも意志の強さを感じます。

カフェメニューが期待通りなのは言うまでもありません。中でもドリンクの充実感は感動もの。アルコールまで用意されています。キッズドリンクの氷の有無をきいて下さったり子どもにパズルを用意して下さったりと細かな気配りだけでなく、カップに手書きのイラストが添えられてあったりストローがくるっと楽しげだったりとカフェタイムを楽しむ一手間がかけられていて、日常もこんな風に過ごしたいなぁと背中を押された気がしました。
ランチセットは1サンド、1ドリンク、1デザート(ハーフサイズ)が選べて1100円(税込み)。+200円でグレードアップすることも可能です。

左はキッズサイズのアップルジュース(200円/税込み)、プレートはランチセットの里芋マッシュの焼豚サンド、抹茶とホワイトチョコのパウンドケーキ、自家製ジンジャーミルク。

里芋マッシュの焼豚サンドは、焼豚のタレをナイスレシーブで受け止める里芋マッシュに柚子胡椒のスパイクがスパッと打ち込まれるまさに舌上のバレーボール!!さらに人参の優しい甘みと食感に、レタスのシャキシャキ感が相まってサンドウィッチの醍醐味を味わえます。
メインに引けを取らない野菜の存在感に、野菜も特別な物を使ってらっしゃるんだろうなぁとぼんやりと思っていたところ、農家から直接野菜を取り扱っている中野区の直売所から仕入れていらっしゃるそう。ぼんやりと思っている場合じゃありませんでした!同じ中野区のお店との横のつながりを大切にしたいというオーナーさんの確固たる思いがあったのです。
その為、コーヒー豆や焼き菓子も中野区のお店のものを使っていらっしゃるそう。焼き菓子、抹茶とホワイトチョコのパウンドケーキは、手作りの優しい味。大切に食べたい一品です。
ジンジャーミルクも甘さとスパイスのハーモニーが絶妙で身体も心も芯から温まります。様々な方の様々な思いを乗せたセットなのにバラバラな感じが一切しないのは真心という共通の思いが込められているからではないでしょうか。

中野区の素晴らしさをギュギュッと凝縮したような素敵なお店を中野区民としてとても誇らしく思うのでした。

 

On Flowers
住所 中野区東中野1-32-6 1F
電話番号 03-3227-2877
アクセス JR「東中野駅」より徒歩2分
定休日 CAFE/日・月定休、FLOWER/不定休
営業時間
火曜日〜金曜日11:00-19:00
土曜日・祝日(月曜祝日以外)10:00-19:00
フラワーギフトはご予約オーダーメイド制です。
まずは、お電話、MAILにてお問い合わせ下さい。
Mail  info@onflowers.jp

★公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。