ホラー系アメトイに力を入れている!「ロボットロボット」

ロボットロボット2号店

空前のアメトイブームの約20年前、社長の山口さんが、自身が好きで集めていた「スター・ウォーズ」や「エイリアン」などのアメトイを販売するため、地元で始めたアメトイ専門店が「ロボットロボット」。
その後、人が多い割に家賃が比較的安かった中野ブロードウェイ4Fに引っ越し、今では中野ブロードウェイに3店舗、秋葉原に2店舗を構えるまでになっています。

山口さんは「アメリカでヴィンテージアイテムを買い付けていた時、仲良くなったアメリカの同業者に『ゴジラ』などの日本のアイテムを譲っている内に、日本のアイテムを販売するショップもオープンするようになりました」といいます。

「ロボットロボット」の店長さん

しかし「ロボットロボット」の原点は、中野ブロードウェイ3Fにあるアメトイ専門店のこの「2号店」。
秋葉原の店舗では主に新しいアイテムが売買されていますが、中野ではヴィンテージアイテムもよく売買されるといった特徴もあるそうです。

取材時に入荷ホヤホヤの「アイアンマン1/1マスク」

「スター・ウォーズ」のヴィンテージアイテムたち

「ディズニー」は買取も多く、様々なアイテムが並んでいます

「売れ筋は、もちろん最新の『アベンジャーズ』なども多いのですが、『スター・ウォーズ』や『グレムリン』などのヴィンテージアイテムもよく動きます。買取では、子どものおもちゃやおみやげだった『ディズニー』が多いですね」とのこと。

社長イチ押しのモダンホラー系アイテム

「チャイルド・プレイ」の等身大サイズ「1/1グッドガイ・チャッキー」価格8万8000円(税込)

そして、アメトイ好きの山口さんならではの見立てで力を入れて揃えているのが、ホラー系アイテム。「エルム街の悪夢」「チャイルド・プレイ」「IT/イット」など、モダンホラー映画のフィギュアなどが並びます。

「ダース・ベイダー」のガムボールマシン価格6万6000円(税込)

山口さんに中野の魅力を尋ねてみると「秋葉原は同じような品揃えの店が多いけど、中野はいろんなお店があって、ヴィンテージアイテムや映画のポスターなど、バラエティーに富んだサブカルものがギュッと詰まっています。いろんな人といっぱいお話しできるのも魅力です」だそうです。

「スター・ウォーズ」の等身大サイズ「ヒーロードロイドBB-8」価格3万646円(税込)

なつかしの「E.T.」!

最後にお客さんにひと言「最新アイテムからユニークなアイテム、レアなアイテムなどドンドン入荷していますので、一度遊びに来てください。買取は、ヴィンテージアイテムの価値を正しく評価いたしますので、値段が知りたいだけでもいいので、まず持って来てみてください」


ロボットロボット2号店
所在地 中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
営業時間 12:00〜20:00 年中無休
電話 03-5380-3448
アクセス JR中央線「中野駅」北口より徒歩5分

★このお店の公式サイトはコチラ

※問い合わせ先の記載がない記事については、まるっと中野編集部までお問い合わせ下さい。
掲載場所近隣の区民の皆様に直接お問い合わせすることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

※掲載情報は全て記事取材当時のものです。